宝くじ徹夜購入の男性「生活はギリギリ。野球観戦も困難に」

5月27日(水)16時0分 NEWSポストセブン

 日本一の宝くじ売り場と呼ばれるのが、東京・中央区の「西銀座チャンスセンター」。2014年だけでも当せん総額は約32億円となっている。


 1等前後賞合わせて7億円があたるドリームジャンボ宝くじが発売された5月13日には、「西銀座チャンスセンター」には徹夜組を含めて朝から長蛇の列ができていた。その先頭集団に話を訊いてみた。


 埼玉県から来たAさん(男性・55才)は、前日の夕方4時から並んでいたが、意気込みを聞くと、うつむいてしまった…。


「買うのは10枚か20枚のどちらかですが、まだ決めてません。でも、きっと当たらないと思います。これまでの人生も、ずっとツキがない感じだし。たぶん、おれみたいな人間は一生当たらないんですよ…」


 それでも、Aさんは20年もの間、宝くじを買い続けている。


「昔はドリーム、サマー、オータム、年末ジャンボを3万円ずつ年間12万円買っていたんですが、全然結果が出なくて…。それでも諦められずに、枚数は減らしましたが10枚か20枚は買いに来ちゃうんです。今、調理師の仕事をしてるんですけど、生活はギリギリで、贅沢なんて一切できません。趣味の野球やプロレス観戦もままならないんです。でも、心のどこかで一攫千金を求めているんですよね。どうせ今回も、抽せん日になったらまたガッカリするんでしょうけど…」(前出・Aさん)


 同じく埼玉県から来たBさん(男性・80代)は、家具店を営んで60年になる。


「20才からこの商売一筋です。そりゃあ、景気がいい時もあったんですよ。でも最近は大型家具店が幅をきかせていて、おれたちの出る幕はないよ。だから宝くじに頼るしかないんだよ(笑い)。店はこのままおれの代で終わりだよ。家具店なんて先がねえから、子供も継いでないしな。でももし宝くじが当たったら、ずっと商売してえなぁ…」(Bさん)


※女性セブン2015年6月4日号

NEWSポストセブン

宝くじをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ