ウッチャンナンチャンがカラオケで見せた本性。体験者、キャイ〜ン・天野が暴露。

5月27日(水)18時55分 Techinsight

天野ひろゆき、ウンナンとのカラオケは迷惑!?

写真を拡大


ウッチャンナンチャン内村光良南原清隆は、カラオケに行くとお互いに違った癖があるという。それぞれのカラオケに付き合ったキャイ〜ンの天野ひろゆきが、その迷惑な癖をバラエティ番組で暴露した。

内村光良がMCを務めるバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)で、なぜか人気のある“イヤミ課長シリーズ”。5月25日に放送されたショートドラマの1つに、木下ほうか演じる馬場課長(イヤミ課長)が毎週末に部下たちとカラオケに行くエピソードがあった。馬場課長は十八番の『天城越え』を何度も歌うくせに、部下が別の曲を歌いだすと「暗い」などと文句をつけて勝手に止めてしまう。さらには女性社員にデュエットを強要して、体を密着させるなどセクハラまがいのことをするのだ。

そんな場面を見た後で、スタジオでパネラーとして出演していた天野ひろゆきが、南原清隆とカラオケに行った時のことを明かした。「ナンチャンとカラオケに行くと朝までコース。しかもものまねで歌いだして、最後は灰皿の灰を鼻の下に付けて“谷村新司”が定番」と不満たらたらで語っており、ほとほと迷惑したようだ。

相方の癖を知る内村だけに「ノーコメント」と話を膨らませなかったが、天野は「ウッチャンの時は…」と語り出した。内村は天野に歌わせるパターンで、先日は「尾崎(豊)を10曲連続で歌わされましたから」と天野。内村は言い訳できずに「嫌な上司ですみません」と頭を下げた。

“イヤミ課長”に比べると罪がないが、普段は温厚そうな内村光良がカラオケでは後輩にそのようなことをさせるとは意外である。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

「カラオケ」をもっと詳しく

「カラオケ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ