トム・クルーズにNASAで訓練受けた過去 運良く死を回避か

5月27日(金)12時45分 Techinsight

宇宙へ行くため訓練を受けたトム・クルーズ

写真を拡大


宇宙に深い憧れを抱き、宇宙人の存在も信じている俳優トム・クルーズ。彼は実際にスペースシャトルで宇宙に行くべくNASAで訓練を受けたといい、誰もが知る“あの衝撃的事故”を起こしたシャトルに乗る可能性もあったという。

「この宇宙に住んでいるのが我々だけだと信じるのは傲慢だね。星は何百万とあるのに、そんなはずはない。多くの何かがいるけれど、それを僕たちが知らないだけさ。」

そう語ったこともあるトム・クルーズは、かねてより宇宙に興味津々。ドキュメンタリー映画『Space Station 3D』ではナレーションを担当しているが、実はそれに先立ち「スペースシャトルに乗るのが条件」と要求したそうだ。

トムはNASAで訓練を受け実際にスペースシャトルに乗りこむ可能性もあったというが、2003年にはスペースシャトル「コロンビア号」の空中分解事故が発生し7名の宇宙飛行士が犠牲に。同シャトルに乗らず死を免れたトムにつき、映画『Space Station 3D』のトニ・マイヤーズ監督はこう語っている。

「映画の仕事に、トムは熱意を感じていました。あのスペースシャトルにも乗りたがっていたんです。」
「乗り込む可能性も十分にあったんですよ。でもあの事故が起きてしまったのです。」

この件につき、『The Sun』は「トム・クルーズはあのシャトルに乗りたがっていた」「しかし運よく死を免れることができた」と伝えている。
(TechinsightJapan編集部 洋子アンダーソン)

Techinsight

トム・クルーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ