ダグ・ハッチソンの21歳妊婦妻、うつ病との闘いを告白

5月27日(金)19時0分 Techinsight

ダグ・ハッチソンの妻コートニー・ストッデン(出典:https://twitter.com/courtneystodden)

写真を拡大


映画『グリーンマイル』など多くの作品に出演し、高い演技力を評価された俳優ダグ・ハッチソン(55)。彼が2011年に結婚した妻(当時16歳)は、現在21歳で妊娠中。今が一番ハッピーな時期かと思いきや、彼女はうつ病を患っているという。

ダグ・ハッチソンの妻コートニー・ストッデンは、若くして結婚に至るも「年の差がね」「夜の生活もあれでは…」と不満を明かし、一度は夫をポイ捨て。しかし離婚を回避してヨリを戻し、今は第1子を妊娠中だ。

その彼女が『Us Weekly』の取材に応じ、こう明かした。

「実は、うつに苦しんでいるの。」
「食欲や睡眠にも影響が出ている。人生の見方そのものにもね。」
「時には酷い不眠症になる。ずっと眠っていることもあるわ。」

お腹の赤ちゃんに対しても、愛情はあるというのだが…。

「そう、このベイビーをすごく愛しているの。でも母親になることに不安を感じるわ。ものすごく大きな責任を負うことだから。だけど、自分なりに最高の母親を目指したいと思う。」

現在コートニーは薬で精神面を安定させつつ、自己啓発本を執筆中。音楽活動も続行中の彼女はかつて“ハレンチな言動”ばかりが目立ったが、「タレントとしての才能はある」という声もあがっている。



出典:https://twitter.com/courtneystodden
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「うつ病」のニュース

BIGLOBE
トップへ