尼神インター誠子、女子がご飯を食べる時の「んーひぃ〜(おいしい)はかわいい」と好感触

5月28日(月)8時0分 AbemaTIMES

 5月27日、AbemaTV(アべマTV)のAbemaSPECIALチャンネルにて“沿線恋愛リアリティーショー”『途中下車の恋街』#2(毎週日曜よる0時〜)が放送され、尼神インター・誠子が、出演者から男性受けするモテ術を学んだ。


 本番組は、恋人募集中の男性が慣れ親しんだ街に初めて降り立った女性と1日デートを楽しみ、最終電車までに恋が生まれるのかを追う“沿線恋愛リアリティーショー”。毎回、異なる街を舞台に、男女が出会う様子から、美しい景色やグルメ、それぞれの街が作り出す独特の世界に酔いしれる様子をのぞき見。そして終電間際、「もう少し僕と一緒にいてくれませんか?」と尋ねる男性に女性が回答するまでのドキドキの初デートを追っていく。

 MCの尼神インターの誠子・渚と、俳優の高野海琉が今回のぞき見したのは、「地元愛強め迷彩系男子」こと石田政博(29歳、俳優/以下、政博)と、「ふわふわ横揺れ系女子」の小八重実咲(22歳、モデル、舞台役者/以下、実咲)の中目黒デート。誠子の目に留まったのは、実咲のさりげない言葉遣いだった。

 1つ目は「おいしい」の言い方。政博の案内で入った店「Urth Caffe」で、実咲はフルーツたっぷりのワッフルをほおばりながら「んーひぃ〜(おいしい)」と大はしゃぎ。そのかわいらしい言い方に、高野は「最高」と心をわしづかみにされた様子を見せた。ディナーでも同じ表現を繰り出す実咲に、誠子は「『んーひぃ〜』ってやっぱええなあ、かわいいなあ」とコメント。感心した表情を浮かべた。

 2つ目は入店する際の挨拶の仕方。実咲が「お邪魔します」と古着店に入った際、高野は「(お邪魔しますって)かわいい。俺、結構好き」とデレデレ。それを見た誠子は「ええなあ、わたしも使おう」と真似していく構えを見せた。

 エンディングトークで誠子は「実咲からすごい学ぶことあった」と告白。高野に「(実咲の振る舞いは)男子から見てもポイント高い」と言われると、「これからやっていきます」と宣言していた。『途中下車の恋街』はAbemaビデオにて配信中

 次週は6月2日(土)23時20分より、【育ちいい系年下やらかし男子&GPS系重ため女子】の吉祥寺デートをお届けする。


(C)AbemaTV

AbemaTIMES

「尼神インター」をもっと詳しく

「尼神インター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ