松潤もトリコにした噂の“美人”料理研究家とは?

5月28日(月)7時14分 アサジョ

 5月19日の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)に出演した、今話題の韓国料理研究家のファン・インソン。自前のエプロンには愛称の「いんくん」と入れていたりもする、見た目は美女だが、実はオネエでもない男性。

 いんくんを一躍、話題の人に押し上げたのは情報番組「あさイチ」(NHK)への出演だ。当時、番組司会を務めていたV6井ノ原快彦も女性的なルックスに「男に声かけられたことない?しちゃいそうだよ」と興味津々。その後、「サンデー・ジャポン」「櫻井・有吉THE夜会」(ともにTBS系)や「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)にも立て続けに出演。韓国料理研究家として開いている本業の料理教室も、テレビで話題になった後は予約が殺到、すっかり予約が取れなくなってしまったとか。

 件の「嵐にしやがれ」では、髪がロングだった去年の写真も公開。松本潤から「もうこれ女性じゃん」「なんでこんな髪型だったの?」と聞かれると、いんくんは「特に理由はなかったんですけど、たぶん反抗期…」と回答。その後も「女性っぽく見られたいの?」「どっち?」と質問攻めにあっていた。

 そんないんくんだが、実は日本人女性と結婚している。いまの奥さんが3泊4日の韓国旅行をした際、台風で帰国の飛行機が欠航になったため、滞在が延びた際、済州島で知り合ったとのこと。前出のエプロンの「いんくん」のアップリケも奥さんがつけたという。

 結婚を機に日本に来て料理研究家になったが、2人で歩いていると姉妹に間違えられることもあるとか。日本語は古本屋で教科書を買い、独学でマスター。初めて話した日本人が関西人だったため、当初は「あかん、これもう食べられへんやん」といった関西弁を覚えてしまっていたと話す。現在も通訳なしで意思疎通を行っているのだから大したものだ。

 以前は、韓国で看護師やモデルをしていたという。看護師時代には、ソウルの大学病院の救命救急室や集中治療室で働いており、その時に点滴で栄養を摂っている患者を見て、やはりおいしい料理こそが健康になると考え、料理研究家を志した。

 そんないんくんによれば、チーズタッカルビの次に流行りそうな韓国料理は、韓国風ハンバーグ「トックカルビ」だとか。新しいメニューを教えるいんくんをテレビで見る機会はますます増えそうだ。

(琴葉)

アサジョ

「料理研究家」をもっと詳しく

「料理研究家」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ