福山雅治、不法侵入騒動に複雑な心明かす 「『ファンってこう』と思われるのが一番嫌」

5月28日(土)18時5分 J-CASTニュース

「性格もイケメン」と称賛の声集まる(画像は「福のラジオ」公式サイトより)

写真を拡大

歌手で俳優の福山雅治さんが2016年5月28日、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「福のラジオ」(TOKYO FM)で、「コンシェルジュ」による自宅への不法侵入事件に触れた。

事件発生以降、沈黙を続けていた福山さん。まず、「私事でお騒がせいたしましてすみません」と切り出した。


ファンについて「いい人、優しい人が多い」


福山さんは、「おかげさまで無事でしてケガもなく、盗られたものもなく、とりあえず無事なんです」と報告したうえで、「とはいえ、気持ちのいいものではない」と複雑な心境を明かした。


そして、「せっかくなのでちょっと言わせて頂きたい」とことわり、「今だから言いますが、デビューして今までもいろいろありました。怖い思いもしましたし、表面化していないものもある」と告白。


それでもなお、「(今回の事件で)『福山のファンってみんなこうなんだ』と思われるのが一番嫌です」「(ファンは)いい人、優しい人が多い」とファンを気遣った。最後に「私福山も、ファンの方を信じてますから。これからも変わらぬお付き合いを、よろしくお願いいたします」と強く語った。


ファンの気持ちを最優先に考える福山さんの姿勢に、リスナーは


「ひとりウルウルした」

「神だなと思います」

「性格もイケメン」

「さすが福山」

とツイッター上に称賛の声を寄せている。

J-CASTニュース

「不法侵入」をもっと詳しく

「不法侵入」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ