『仮面』チュ・ジフン、強迫性障害をもつ財閥後継者役でドラマ復帰

5月28日(木)11時40分 KEJNEWS

【28日=KEJ金善花】俳優チュ・ジフンが心に病を抱えた財閥の後継者役で強烈な演技を披露、視聴者の視線を奪った。

27日にドラマ『仮面』がスタートしたなか、7才ときに後継者として厳格な父に育てられたチェ・ミヌ役を演じるチュ・ジフンがキャラクターを完璧に演じきっている姿を見せた。インパクトが強い人物で視線を集めた。

彼が2年ぶりに披露するテレビドラマで、この間多数の映画に出演し、経験を積み重ねてきた彼が一層パワーアップした演技力を披露、印象を残した。

先日の放送では幼い頃のトラウマが原因で深刻な強迫性障害を持つミヌの姿が興味深く描かれていた。ミヌは重要な会議中にテーブルの上に付着したコーヒーの跡が気になってしまい相手の話に一切集中できなかったり、服に血痕をつけたジスク(スエ)とぶつかると我慢できずにワイシャツを着替えるなどの症状を見せた。

特に自身の症状と関連して専門医と相談しているときに突然怒りだし、「俺は来るってない」と叫んだり、プールで幻聴・幻覚が起きるという症状を見せたり、病気の深刻さをリアルに表現していたチュ・ジフン。

ほかにも財閥の後継者らしくカリスマ溢れる姿を見せたり、細やかな視線の変化などミヌが抱える心の傷と自然に描き足して、カメレオンのようにドラマに溶け込んでいるチュ・ジフンの演技に視聴者の評価は高い。

映画とドラマ、時代劇から現代劇まで幅広い活躍を見せるチュ・ジフンがこれからどんな姿を見せてくれるのか一層期待が高まる。

一方、身分を隠して財閥の家に入り込んだ女性と、彼女を見守る男性を中心に描かれる男女4人が繰り広げる争いや陰謀、復讐などを描いたドラマ『仮面』は毎週水・木曜の夜10時より放送である。

KEJNEWS

後継者をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ