『愛するウンドン』チュ・ジンモ&キム・サラン台本三昧の日々

5月28日(木)11時24分 KEJNEWS

【28日=KEJ金善花】『愛するウンドン』出演陣の台本への愛がキャッチされた。

今月29日よりスタートのJTBC『愛するウンドン』側は、28日に俳優らの台本への情熱が伝わる写真を公開した。

写真の中では、主演俳優のチュ・ジンモとキム・サランをはじめ、キム・テフン、ペク・ソンヒョン、ユン・ソヒ、Jr(GOT7)、イ・ジャインなどが台本に夢中になって役作りに励んでいる姿が見られた。相手俳優との息を合わせるためにセリフや動き、リアクションなどを話し合っている。

特に20年にわたる美しき純愛を見せるチュ・ジンもの台本への愛は関係者も驚くほど。撮影直前までしっかりとチェックして、短いせりス、一瞬の表情ひとつも逃さないような繊細さを見せているとのこと。

キム・サランも同様にいつも台本を手に、相手への集中力を発揮して劇にさらなる魅力を加えている。可愛らしく、愛くるしい表情や話し方などキャラクターを研究しているキム・サランの絶え間ない努力が輝いており、これまで見たことない彼女の姿が見られると期待が集まる。

20代のヒャンスとウンドンを演じるペク・ソンヒョンとユン・ソヒは野外撮影が多く、細かな部分にまで気を使わなくてはならないが、2人も座ったり立ったりしながら台本を手から離さない姿を見せた。特に2人は撮影の休憩時間にも並んで演技について話し合ったりと高度な集中力を感じさせた。

また新人俳優らしからぬ演技力を見せ、次世代スターの誕生を予告させている10代のヒャンスを演じるJrも溢れる情熱を見せた。台本の印刷がすれるまで繰り返し見て反復して、自分よりも若いイ・ジャインを気遣ったりなど優しいお兄さんとしての姿も見せた。

放送前から俳優らの演技に対する情熱に期待感も高まるドラマ『愛するウンドン』は20年間1人の女性を愛する男性の奇跡のような恋物語で、一途なトップスターの純粋な恋がアナログ的な感性を刺激する叙情メロドラマである。

ポータルサイトネイバーTVゲストで全16話中の4話までの主要内容を10分ずつ、5部作のウェブドラマバージョンに圧縮した『愛するウンドン-ザ・ビギニング』を公開して大きな話題を集めているドラマ『愛するウンドン』は今月29日午後8時40分より放送を開始する。(写真提供=ドラマハウス)

KEJNEWS

「GOT7」のニュース

BIGLOBE
トップへ