注目ワードプロレス・プロレスラー Taka・ワンオクTaka ロシアW杯・日本 松岡茉優・意外 小池百合子・都知事 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「G.I.ジョー2」イ・ビョンホン、ジョン・M・チュウ監督来日記者会見“体づくりに3ヶ月、武術の鍛錬に2ヶ月…”

Kstyle5月28日(火)11時35分

3月末より全世界で公開され、インターナショナルの週末興行成績2週連続NO.1、更に全米ではオープニング3日間の興行収入がブルース・ウィリス出演の映画史上歴代NO.1を獲得、全世界に旋風を巻き起こしている「G.I.ジョー バック2リベンジ」(以下:「G.I.ジョー2」)が、6月7日(金)よりついに全国で先行公開される。



公開に先駆け、本作で何倍にも凄みを増して復活を果たした世界を恐怖に陥れるテロ組織“コブラ”の冷酷な暗殺者ストームシャドーを演じたイ・ビョンホン(42歳) と監督を務めたジョン・M・チュウ(33歳) が、本作を引っ提げついに日本上陸。

5月27日(月)、来日キャンペーンの第一弾として記者会見を行った。アジアからハリウッドに進出し、今やハリウッドスターとして活躍するイ・ビョンホンと、アクション映画の帝王にして生きる伝説ブルース・ウィリス、今最も熱いアクションスター ドウェイン・ジョンソン等個性的且つ豪華なキャストを見事に演出したジョン・M・チュウ監督の来日とあって、二人の登場を待ち受けたマスコミは会場を埋め尽くす約250名。



そんな大勢のマスコミを前に登場したイ・ビョンホンはハリウッドスターとしての貫録とオーラを感じさせるシックなグレーのジャケットという出で立ちで、監督と一緒に登場すると一斉にフラッシュを浴びた。




第一声「(映画のプロモーションとしては) 10回目の来日という記念すべき日を迎えられて光栄です」と喜びを語れば、監督も「隣にいるイ・ビョンホンよりかは日本に詳しくないけれど、日本は作り手として想像力をかき立てられる場所。こうして皆さんにお会いできて本当にうれしい」と学生以来2度目、監督として初来日を果たした日本の印象を明かした。



その後、息をもつかせぬ怒涛のアクションの連続の本作の見どころやトレーニングの秘話、ブルース・ウィリスとの競演裏話を語るなど、この夏最もスカッとさせるアクション超大作の魅力を存分に明かしてくれた。





—今回来日した感想は?



イ・ビョンホン:記念すべき10回目の来日を迎えられて光栄です。更に強くなって戻ってきたので、映画に期待してください。



ジョン・M・チュウ監督:日本はクリエイターとして想像力を掻きたてられる場所。学生以来日本に来れ、皆さんにあえて本当にうれしいです。



—アメリカをはじめ世界各国でナンバーワンヒットの感想は?



ジョン・M・チュウ監督:何年も準備してこうして良い反響を頂けたのはとてもいい気分です。ブルースやドウェインなどスターが集結して、そのキャラクターたちが大スペクタクルを繰り広げるので、3D効果も加わって目の前にいる感覚で楽しめる作品です。



—(イ・ビョンホンさんに対して) アクションに磨きがかかっていますが、今回、どのようなトレーニングされましたか?



イ・ビョンホン:今作では初めて使う武器があったので、その動きを習得する練習が2ヶ月間必要でした。また、筋肉を・体をより大きく見せるために、3ヶ月くらい体作りを行って食事にも気を遣いました。




—前作にもまして激しいアクションシーンを演じた中で、特に苦労したシーンはどこですか?



イ・ビョンホン:私にとってハリウッド作品で演じること自体、挑戦であり、冒険。その中でプレッシャーを感じていたけれど、またいつこのような役ができるだろうか? と思った時から楽しめるようになりました。苦労した点も多々ありますが、とにかく私が楽しむことで、ストームシャドーという役がすばらしくなったのだと思っています。



ジョン・M・チュウ監督:彼はただアクションをする俳優ではなく、アクションで演技をする俳優なんだ。ストームシャドーというキャラクターにどういう意義があるのかを話し合ったよ。彼はキャラクターに幅と威厳を持たせる演技を見せてくれたよ。



—ハリウッドの大先輩となるブルース・ウィリスと共演して、彼からアドバイスや何か学んだ事はありますでしょうか?



イ・ビョンホン:ブルースが撮影現場に入るという時、現場のスタッフ、役者みな緊張していました。ただ彼は細やかな気遣いとウィットにとんだジョークを言ったりして、みんなを笑わせて良い雰囲気を作っていた。ハリウッドの大先輩として、現場の雰囲気を作るということを彼から学びました。



—アジア人としてハリウッドで活躍するために必要な要素はなんでしょうか? また監督はイ・ビョンホンをどう評価していますか?



イ・ビョンホン:ハリウッドの長編から日本のドラマのカメオ出演、短編映画など私にとって俳優としてすべてが重要な仕事。今は自分になにが出来るのか挑戦している今はそのプロセスの途中です。次に何が起こるかという楽しみをモチベーションにしている事が秘訣かもしれません。



ジョン・M・チュウ監督:アジア人は身体的能力と精神力を持っている。イ・ビョンホンを現場で見て確信したよ。ビョンホンは俳優としてハリウッドでもっとすごくなるとね。





5月27日(月) 11:40〜12:30 来日記者会見

会場:ザ・リッツカールトン東京2Fグランドボールルーム

登壇者:イ・ビョンホン、ジョン・M・チュウ監督




「G.I.ジョー バック2リベンジ」
6月7日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座他先行公開
オフィシャルサイト:http://www.gi-j.jp/

(C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved. Hasbro and its logo, G.I. JOE and all related characters are Trademarks of Hasbro and used with permission. All Rights Reserved.
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle
注目ニュース
ワンオクTaka&UVERworld・TAKUYA∞の2ショットにファン歓喜「最高!!」「贅沢すぎる」 AbemaTIMES6月20日(水)12時51分
ロックバンド・ONEOKROCKのボーカル・Takaが20日、自身のInstagramにて、UVERworldのTAKUYA∞との2ショッ…[ 記事全文 ]
北澤豪「監督代わって良かった」 W杯初戦の感想めぐり物議 J-CASTニュース6月20日(水)20時35分
サッカー日本代表がロシアW杯の初戦・コロンビア戦に勝利したことを受け、サッカー解説者の北澤豪さんが「監督が代わった」ことを勝因に挙げた。「…[ 記事全文 ]
松岡茉優JK見学店に潜入 万引き家族熱演の陰にあった意外な姿 女性自身6月20日(水)16時0分
「あの世代の中で、抜群にうまい役者だと思っていました。感情が見事に見えてくる芝居の設計が凄くいいな、と」映画監督の是枝裕和(55)がその演…[ 記事全文 ]
Hey! Say! JUMP岡本圭人 電撃脱退 文春オンライン6月20日(水)16時0分
ジャニーズ事務所のアイドルグループ、Hey!Say!JUMPの岡本圭人(25)のグループ脱退が決まり、今月末にも発表される予定であることが…[ 記事全文 ]
NHK W杯キャスター佐藤美希に非難殺到 失言、間違い...「先輩」足立梨花かばうも「黙っててほしい」 J-CASTニュース6月19日(火)18時25分
「進行が下手すぎる」などとして、NHKのロシア・ワールドカップ(W杯)番組でスタジオキャスターを務めるタレント・佐藤美希さん(24)がイン…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア