香取慎吾、パリ・ルーブル美術館で初の個展開催「僕のアート脳が爆発」

5月28日(月)5時0分 マイナビニュース

SMAP香取慎吾が、日仏友好160年を記念した日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」(以下「ジャポニスム2018」)の公式企画として、9月19日〜10月3日にパリ・ルーブル美術館のシャルル5世ホールで自身初の個展となる展覧会「NAKAMA des ARTS」を開催することが決定した。

香取慎吾

国際交流基金が事務局を務める「ジャポニスム2018」(開催期間:2018年7月〜2019年2月)の「公式企画」では、伊藤若冲展や歌舞伎を始め世界から注目される現代美術、映画、舞台までどれも世界的に注目される多様な日本文化が紹介され、香取の展覧会もその一つとして実施される。また、「ジャポニスム2018」全体の広報大使に任命されることも決定。今後は、日本・フランスの両国で様々な広報活動を展開していく。

香取は、ルーブル美術館での展覧会開催に「アートにゴールはないと思い続け、描き続けている僕ですが、目指すゴールと言ってもおかしくないルーブル美術館でスタートできることに、僕のアート脳が爆発しています。たくさんの人に僕を感じてもらいたいです」と喜び、広報大使についても「僕の大好きなフランスと日本の“響きあう魂”をパリで世界中の方々に体感してもらえたらうれしいです!」と意気込んでいる。

国際交流基金の安藤裕康理事長は「香取慎吾さんは歌手、俳優といった活動にとどまらず、アーティストとして壁画、オブジェ、絵画、さらには自身のSNSなど幅広いメディアを通じ常に表現活動を続け、その姿はあらゆる世代から大きな反響を受けています。その活動ぶり、発信力の強さは日本文化・芸術の祭典である『ジャポニスム2018』の広報大使にまさにふさわしいものであり、また、多様な日本文化の魅力を紹介する『ジャポニスム2018』の公式企画として香取さんの展覧会を実施することとなりました」と説明。「香取さんのなにものにもとらわれない自由な作風、突破力を伴う作品をフランスの皆様にお楽しみいただくとともに、香取さんの広報大使としてのご活躍を期待しています」と語っている。

展示内容は、既成の枠にとらわれずあらゆる枠組みを超えていくものとなり、「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもと、絵画、オブジェでだけでなく香取の好きなファッション、そして「新しい建築」とのコラボレーションを紹介する。現在、香取は作品の準備に取り掛かっており、既存の作品からも念入りに選定を行っていく予定だという。

マイナビニュース

「香取慎吾」をもっと詳しく

「香取慎吾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ