9mm Parabellum Bullet、新曲が映画『ニート・ニート・ニート』主題歌に

5月28日(月)12時0分 マイナビニュース

ロックバンド・9mm Parabellum Bulletの2018年第一弾新曲「キャリーオン」が、映画『ニート・ニート・ニート』(2018年公開)主題歌に決定、28日よりLINE MUSICにて無料ダウンロードを開始した。

27日には、東京・日比谷野外音楽堂にて自主企画“カオスの百年 vol.12”を実施した9mm Parabellum Bullet。ライブ中に初披露された新曲「キャリーオン」は期間限定でLINE MUSICにての無料ダウンロードを開始した。同時に国内の主要定額制ストリーミングサイト(※)にて同曲とアルバム2作品『Waltz on Life Line』『BABEL』の配信もスタート。

(※)Apple Music/Google Play Music/Amazon Prime/Amazon Music Unlimited/LINE MUSIC/レコチョク Best/KKBOX/AWA/Rakuten Music/Spotify

「キャリーオン」は、2ビートで疾走するバンドサウンドに情緒感溢れるメロディとシンガロングなフレーズを3分間に凝縮した、9㎜最新型ともいえる新曲で、2018年の夏フェスでは定番曲となりそうだ。

「キャリーオン」が主題歌に決定した映画『ニート・ニート・ニート』は、三羽省吾原作の小説を実写化。男女4人が北海道各地3,300㎞をドタバタ駆け巡る青春ロードムービーで、主人公・レンチ役として安井謙太郎(Love-tune/ジャニーズJr.)、同級生タカシ役として『仮面ライダーゴースト』出演等で活躍する山本涼介、同じく同級生キノブー役として森田美勇人(Love-tune/ジャニーズJr.)、謎多い月子役として女優だけでなく脚本家として活動の場を広げる灯敦生という4人の若手注目俳優が出演する。

マイナビニュース

「新曲」をもっと詳しく

「新曲」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ