八乙女光、初日前大量ダメ出しに食いつく! 髙木雄也とW主演舞台開幕

5月28日(月)4時0分 マイナビニュース

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの八乙女光と髙木雄也が27日、東京グローブ座でW主演舞台『薔薇と白鳥』の公開ゲネプロ後、佐藤B作武田真治とともに取材に応じた。

同作は、これまでに数多くの舞台作品の脚本・翻訳・演出 を手掛けてきたG2が書き下ろす“シェイクスピア誕生”の秘話に迫る歴史ミステリー。16世紀末の英国に実在した天才劇作家、 クリストファー・マーロウとウィリアム・シェイクスピアが実は運命的な出会いを果たしていたのではないか、という作・演出のG2による仮説に基づき2人の友情や葛藤、対立、大きな秘密を描く。

今回八乙女は4年ぶり、髙木は初のストレートプレイ挑戦に。八乙女は「普段のお仕事とは違いますし、稽古場でも2人で見せる表情が違います。僕は4年ぶりですけど、(髙木は)初めての舞台で、こんな素晴らしいキャストさんに囲まれて、こいつは幸せ者だなって思います」と笑顔を見せた。

一方、髙木は「光くんが4年前にやった舞台(『殺風景』)を観に行って、『俺が知ってる八乙女光じゃない』と思って興味を持ったのが、まさか2人で共演するなんて」と感慨深い様子。武田には「シーンを毎回毎回見てくれて、『あそこってこういうやり方もあるんじゃない?』と。『やったら?』じゃなくて、『いろんな見せ方のバリエーションがあるよ』と教えてくださった」と感謝を表した。

武田は「彼らが、内面を作るという、役者さんとして見本的な役作りをするんですけど、『それをしたいならこういう風にしたらいいんじゃないか』と。見え方の調整はしていかないと行き詰まっちゃう」と語る。「でも結構な割合で『それいらない』ってG2さんに言われて。なんか申し訳ないなと思った」と苦笑した。

「精神的な支えになるしかない」というスタンスの佐藤は、「あたたかく見守るオヤジみたいな。毎日山ほどいっぱいダメ出しをもらってるし、昨日も初日前で何ぺージももらって『大丈夫かな?』って」「なんか、応援したくなる2人なんです」とエールを送るが、髙木が調子に乗った様子を見せると、「お前じゃない!」とツッコミ。髙木は「おい!」と言ってから、「いや、おいって言っちゃった!」と慌てた様子で場の笑いを誘った。佐藤は「雄也も素敵」とフォローしつつ、「光はムキになっていくところが魅力ですよ。喧嘩っ早い、喧嘩憲法みたいなそういう芝居をして素敵だなって。役に合ってて素敵だなって」と2人の良さを説明した。

初日前の"ダメ出し"では全員の楽屋に紙が届けられ、誰にどのダメ出しがあったのかは一目瞭然。「莫大な量」のダメ出しを受けたという八乙女は「あまりにもテンパって、今のゲネプロの前にG2さんを楽屋に引っ張って、2人で練習してましたもん」とガッツを見せる。「へこむというより、本当に自分が悩んでるところに、G2さんの言葉がストーンとハマるんですよね。悔しいというより、受け入れちゃう」と語る。髙木は「ミスをしたら、『あーっ』となっちゃうんですが、G2さんが『ステージでは反省をするな。終わってからでいいから』と言っていたので、切り替えました」と、それぞれに学びながら舞台へ臨む様子を見せた。

東京公演は東京グローブ座にて5月27日〜6月24日。大阪公演は森ノ宮ピロティホールにて6月29日〜7月1日。

マイナビニュース

「舞台」をもっと詳しく

「舞台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ