佐野玲於のピュアさ全開 映画『虹色デイズ』場面写真解禁

5月28日(月)10時0分 オリコン

ピュアで元気な愛されキャラ・なっちゃんを演じた佐野玲於 (C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社

写真を拡大

 人気漫画を実写化した映画『虹色デイズ』(飯塚健監督 7月6日公開)より、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)の場面写真が28日、ORICON NEWSに到着した。元気な愛されキャラ・なっちゃんを演じ、片思い相手と一緒にいるシーンなど、ピュアな表情を見せている。

 同作は、水野美波氏の同名漫画を実写化。たった一度だけの青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の友情と恋を描く青春ストーリー。佐野、中川大志高杉真宙横浜流星がカルテット主演を務める。

 佐野演じるなっちゃんは、片想い中の杏奈(吉川愛)と仲良くなろうと、毎朝通学途中に偶然を装って話しかけるものの、なかなか進展がなかった。そんな恋に奥手ななっちゃんを、まっつん(中川)、つよぽん(高杉)、恵ちゃん(横浜)らは冷やかしながらも応援し、なっちゃんはどうにか杏奈の連絡先を聞くことに成功。これをきっかけに2人はどんどん距離を縮めていき、いつしか杏奈もなっちゃんを意識し始めるが…。

 解禁された場面写真は、登校中に自転車で転んだなっちゃんに杏奈がハンカチを手渡す様子や、杏奈の親友・まり(恒松祐里)の誕生日プレゼントを買いに放課後デートするシーンのもの。恋が始まる瞬間を切り取り、2人の微妙な距離感が初々しい写真になっている。

 なっちゃんと杏奈の恋は、恋する気持ちがどういうことなのか、高校2年生から3年生へと時間をかけ紡がれていく。この恋をきっかけに、動き出す男子高校生4人の恋と青春の物語。満を持して映画初主演となった佐野が描く、歯がゆいほどにピュアな恋物語は多くの人の共感を呼びそうだ。

オリコン

「佐野玲於」をもっと詳しく

「佐野玲於」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ