神谷浩史、出演映画の裏側暴露 大塚明夫との共演は「ひどい目に…」

5月28日(月)17時11分 オリコン

(左から)岐洲匠、神谷浩史 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 俳優の岐洲匠と声優の神谷浩史が28日、都内で行われた映画『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』(6月30日公開)完成披露舞台あいさつに出席した。

 同作は、2月に最終回を迎えたテレビ朝日系スーパー戦隊シリーズの『宇宙戦隊キュウレンジャー』と『宇宙刑事ギャバン』を隊長に結成されたヒーローユニット『スペース・スクワッド』と相対する物語。

 撮影中の雰囲気を聞かれた岐洲は「ドラマの撮影が終わって久しぶりだったので『緊張するな』と思っていた。でも、始まってからはいつも通りな感じで進みました。(現場に)岩永洋昭さんとかがいて、濃いなと。ピリっとした空気のお芝居も多かったので、緊張感はすごかったです」と明かした。

 神谷は『宇宙戦隊キュウレンジャー』でリュウコマンダー役を務めており、この日、サプライズゲストとして登場すると、観客はこの日一番の盛り上がりに。映画の感想について「試写室でみんなと観た後、焼き肉食べに行って『超—、面白かったよね!』とずっと言っていました」と興奮。

 MCから声優の大塚明夫も出演している映画だと説明されると、神谷は「ひどい目にあいましたよ」と告白し「昼に撮影が始まるのですが、朝早くに撮影現場に呼ばれて。その間、何をしていたかというと、レストランの厨房みたいな所で待っていた。『監督、監督、僕、明夫さんと2人で何をすればいいのですか?』と聞いたら、『アドリブをやっていただけたら。女子会やっているみたいな感じで』と言われました」と雑な扱いを受けたことを暴露した。

 さらに、「僕と明夫さんの年齢と見た目で、オシャレなイタリアンレストランに行くとしたら、ゲイカップルくらいしかいないでしょ!」と笑わせた。

 この日は岸洋佑山崎大輝、大久保桜子、榊原徹士、田口翔大、南圭介、石垣佑磨、岩永洋昭、坂本浩一監督も登壇した。

オリコン

「神谷浩史」をもっと詳しく

「神谷浩史」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ