『羊と鋼の森』新宿御苑で史上初の野外試写会 主演・山崎賢人、観客に「うらやましい」

5月28日(月)19時55分 オリコン

史上初の野外試写会に「うらやましい」と話す (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 俳優の山崎賢人(23)が28日、東京・新宿御苑で行われた映画『羊と鋼の森』(6月8日公開)の「森を感じる試写会」に出席。同所での野外試写会は、映画史上初。環境庁とのタイアップで実現し、山崎は「史上初!」と声を大にして強調し「新宿御苑の野外試写会、皆さん楽しんでください」と笑顔で呼びかけた。

 同映画は『2016年 本屋大賞第1位』を受賞した宮下奈都氏の同名小説が原作で、ピアノの調律に魅せられた山崎が演じる青年の成長物語。イベントにはそのほか、鈴木亮平(35)、上白石萌音(20)、上白石萌歌(18)、三浦友和(66)、橋本光二朗監督(44)が出席した。

 野外会場には、約1000人のファンが集結。普段の劇場とは一味違う、開放的な眺めを楽しんだ山崎は「なかなか外で映画を観れないから皆さんがうらやましい。(劇中では)森のシーンがたくさん出てくるので、本当に森にいるような感覚になるのかな」と想像を膨らませた。

 続けて「こういう機会が増えればいいな。僕も観に行きたい」と熱望すると、共演した萌音も「すごく風が気持ちよくて、良い時間ですね。フェスみたいですよね」と満喫していた。

オリコン

「新宿御苑」をもっと詳しく

「新宿御苑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ