AKB48世界選抜総選挙直前メンバーインタビュー 小栗有以「気負わずに楽しみたい」

5月28日(月)12時0分 オリコン

AKB48全国握手会(27日・幕張メッセ国際展示場)より。小栗有以(C)AKS

写真を拡大

 AKB48 52ndシングル『Teacher Teacher』の30日発売を目前に控え、27日に幕張メッセ国際展示場にて開催されたAKB48全国握手会イベントの会場内にて、第10回開催となる『AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙』(6月16日開票)に立候補している、小栗有以横山由依岡田奈々向井地美音、岡部麟らのメンバーに対してインタビューを行った。

■小栗有以インタビュー

——世界選抜総選挙を直前に控えた今の気持ちは?

「私も握手会などで『頑張ろうね』とか『総選挙への意気込み』をよく言っていただくのですが、今年は本当に頑張ろうという気持ちにすごくなります。でも(普段は)『気負わずに』とファンの方とも話していて、総選挙にあまりとらわれすぎずに、握手会などでは『楽しもうね』と話をしました。握手会で総選挙の話が出ると気が引き締まります」

——目標順位実現の際の公約についての想いを教えてください。

「『東京マラソンを走る』という公約を掲げました。ファンの方からも『走れるの?』とか『完走できるの?』ってすごく言われます。私の目標順位の8位はかなり厳しいことだと思っているのですが、もし8位になれたら、それくらい難しいことにチャレンジしたいと思って(東京マラソン完走に)決めました。でも『16歳だからフルは完走できない』とファンの方が教えてくれて、年齢制限に引っかかっちゃうみたいです(笑)。10キロならOKみたいなんですけど(笑)。走ることについては、チーム8の『夢へのルート』MV撮影で実際にチーム8のメンバー47人で4.7キロを走ったことがあって、そこでの順位が16位だったので、得意なほうなんじゃないかなと自分では思っています!」

——5月30日発売のシングル「Teacher Teacher」のパフォーマンスでの見どころを。

「『Teacher Teacher』はAKB48初の外国人振付師の方に振り付けていただいたのですが、教え方や、振りの構成、そして身体の使い方なども違って、踊っていて新鮮ですし、楽しいなって思います。脚を強調した衣装や、今回のダンスなどファンの方にも気にいっていただけるのではないかな、と思います」

オリコン

「AKB48」をもっと詳しく

「AKB48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ