香取慎吾、初の個展がルーブル美術館にて開催

5月28日(月)10時2分 RBB TODAY

香取慎吾、初の個展がルーブル美術館にて開催

写真を拡大

香取慎吾の初の個展が、フランス・パリのルーブル美術館シャルル5世ホールにて、9月19日より開催されることが決まった。

 日仏友好160年にあたる本年7月から、パリを中心にフランスで開催される日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」(以下、「ジャポニスム2018」)。その50を超える公式企画に、今回、香取のアート作品を展示する展覧会「NAKAMA des ARTS」の追加および、香取の「ジャポニスム2018広報大使」の就任が決定。

 香取初の個展となる同展覧会では、「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもとに制作された絵画、オブジェだけでなく、ファッションや『“弱さ”が“強さ”』というコンセプトのもとフランス初上陸となる「ZUKIN【頭巾】」を何個もつなぎ合わせたドーム型の形をとる「新しい建築」とのコラボレーション作品も発表される予定となっている。

 初の個展が決まった香取は、「アートにゴールはないと思い続け、描き続けているぼくですが、目指すゴールと言ってもおかしくないルーブル美術館でスタートできることにぼくのアート脳が爆発しています。たくさんの人に僕を感じてもらいたいです」とコメント。さらに、「ジャポニスム2018広報大使」就任決定を受けて、「ぼくの大好きなフランスと日本の“響きあう魂”を、パリで世界中の方々に体感してもらえたらうれしいです!」と伝えている。

 「NAKAMA des ARTS」展は、ルーブル美術館シャルル5世ホール(カルーゼル・ドゥ・ルーブル内)にて、9月19日から10月3日の期間限定で開催。

RBB TODAY

「香取慎吾」をもっと詳しく

「香取慎吾」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ