衆参ダブル選挙容認が過半数 安倍首相は引くに引けない状況

5月28日(火)7時0分 NEWSポストセブン

W選が現実味を帯びてきた(時事通信フォト)

写真を拡大

「衆参ダブル選挙」がにわかに現実味を帯びてきた。萩生田紘一・幹事長代行の「消費税延期」とダブル選挙発言(4月18日)を皮切りに、様々な兆候が見えてきた。この突然の解散風が永田町に嵐を巻き起こしている。与党内でさえ様々な思惑が交錯し、それぞれが勝手にダブル選後の皮算用を始めている。


 菅義偉・官房長官は5月17日の会見で「(野党の不信任案提出は)当然、解散の大義名分になる」と語った。


 国会の最終盤に野党が内閣不信任案を提出するのはセレモニーのようなもので、通常、与党は粛々と否決して国会を閉じる。政権を倒せない不信任案を大義名分に“解散はあり得る”というのだから、なりふり構わぬダブル選容認に他ならない。


“セレモニー”の不信任案が「解散の大義になる」という牽強付会な菅発言でひときわ強い解散風が吹き始め、野党は臨戦態勢を敷いた。


「野党が不甲斐ないから官邸の主は解散をしたくてむずむずしている」


 国民民主党に合流した小沢一郎氏は参院選で野党共闘を急ぐ必要性を説き、立憲民主、共産党を含む野党5党派が、参院選の32の1人区のうち27選挙区で統一候補を立てることで基本合意した。


 野党以上に慌てたのは自民と連立を組む公明党だ。


「いま解散になれば関西の議席は全滅しかねない」。公明党OBはそう語る。


 それというのも、大阪では地方選連勝の勢いに乗る大阪維新の会が、次の衆院選で公明党の現職がいる大阪の4選挙区、兵庫の2選挙区に刺客を立てる構えで、橋下徹氏は〈公明がガタガタになれば、彼らのせいで停滞している国会の憲法論議も活発化しますよ〉(産経新聞5月4日付『単刀直言』)と自民党に“公明切り捨て”を呼びかけている。


 そんなタイミングで解散風が強まったことで、公明党はたまらずに地方選で激突した大阪維新の会と“手打ち”し、維新が推進する大阪都構想の住民投票に賛成する方向で基本合意した。


「公明党・創価学会はダブル選に絶対反対。だが、それが避けられそうにないと判断したから、関西での衆院議席を守るために維新の軍門に下ったのだろう」(前出・公明党OB)


 テレビ朝日系ANNの世論調査でも、衆参ダブル選挙容認が54%に達した。国民も消費増税の延期を期待している。政治評論家の森田実氏は、「安倍首相は引くに引けない状況になってきた」と指摘する。


「与野党とも衆参同日選を前提に選挙準備に入った。ここまで解散ムードが高まる中でやらないとなると、国民にも“期待外れ感”が広まり参院選は一気に不利になる。解散・総選挙に踏み切るしかないと思う」


〈引くに引かれぬ〉解散というわけだ。


※週刊ポスト2019年6月7日号

NEWSポストセブン

「選挙」をもっと詳しく

「選挙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ