たんぽぽ・川村、牡蠣を食べてトイレ往復の苦しみ。相方の白鳥には何も起こらず。

5月28日(木)17時55分 Techinsight

“牡蠣祭り”に参加した川村エミコに異変が…

写真を拡大


お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコが営業先で牡蠣を食した後、体調不良で苦しんだとブログで報告している。一緒だった相方の白鳥久美子は何ともなかったようで、何度もトイレを往復する川村を気遣っていた。

5月24日、お笑いコンビのたんぽぽは北海道・厚岸町で行われた“牡蠣祭り”に参加した。ライブを終えた2人は、お昼に新鮮な牡蠣づくしの料理を堪能。午後からはauショップのイベントに出席した後、ソフトクリームで有名な「森高牧場」に立ち寄ったという。

その後川村エミコの方にだけ、体に異変が起こったようだ。5月27日のブログ『川村エミコのカエルが寄ってきます…。』によると、トイレを往復し悶え苦しむ川村エミコの姿がある。写真は白鳥久美子が撮ったものらしく、白鳥のブログ『乙女の祈り』にも同じものが掲載されている。苦しんでいる相方をただ見ていることしかできない白鳥だったが、お尻がヒリヒリすると訴える川村のために“馬油ラベンダー”を買ってきたそうだ。しかし患部にこれを塗ると逆効果だったようで、スースーして余計に痛くなったらしい。

そんな体調不良に見舞われたにもかかわらず、翌日にはロケで一緒だった酒豪で知られる女優・佐藤仁美と仕事が終わってから酒を飲んだという川村エミコ。これくらい逞しくなければ、『世界の果てまでイッテQ!』で海外ロケなどこなせない。27日の朝食にはドーナッツと牛乳を平らげたというから、体調はもう万全のようだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

Techinsight

牡蠣をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ