玉木宏、3年ぶり『ジュラシック』で体力自慢 木村佳乃「経験でごまかします」

5月28日(月)13時54分 エンタメOVO

主人公オーウェンの声を吹き替える玉木宏

写真を拡大

 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の日本語吹き替え版キャスト発表が28日、東京都内で行われ、玉木宏木村佳乃満島真之介らが登壇した。

 本作は、前作で閉鎖されたジュラシック・ワールドで、絶滅の危機に陥った恐竜たちを救うために再び立ち上がる人々の姿を描く。

恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役で続投となった玉木は「あっという間の3年で、世界中の誰もが知っている大作に参加できることをうれしく思う」と語り、目を細めた。

 アフレコに向けては「純粋に3つ年を取っているが、意識的に運動するようになって体力は増えているので、自信を持っている。パワーアップして臨みたい」と意気込みを語った。

 同じく前作に引き続きヒロインのクレア役を担当する木村は「今回はせりふに、叫び、あえぎ、うめきが多い。前作では声をつぶしたので、喉に負担をかけないようにやり遂げたい」と抱負を述べた。また玉木の言葉を受けて「私は衰える一方ですが、経験を積んできているのでそれでごまかしたい」と苦笑い交じりで話した。

 クレアの部下で恐竜保護団体の職員役の満島は、シリーズ初参加で「恐竜の鳴き声をやるのかと思っていたら、しっかりした役を頂けたので本当にうれしい」と安どの笑みを浮かべた。ただ一人、既にアフレコを終えており「一人でやる難しさはあったけれど、役にシンパシーを感じて最後の方は台本を見ずにやっていた。新しい体験だった」と満足げに振り返った。

 最後に玉木は「前作は人の命がテーマだったけれど、今回は恐竜の命をどうするかという違ったテーマ。暑い夏をさらに盛り上げたい」と話した。

 映画は7月13日から全国ロードショー。

エンタメOVO

「玉木宏」をもっと詳しく

「玉木宏」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ