梅沢富美男、故・今井雅之さんに感謝「悪性一歩手前だった」

5月29日(火)16時20分 AbemaTIMES

 2015年5月、大腸がんのため54歳で亡くなった俳優の今井雅之さんを偲ぶ会が、28日都内で行われ、テレビ番組などで共演していた梅沢富美男(67)が出席した。


 20年前、ドラマでの共演をきっかけに意気投合した2人。今井さんから「アニキ」「先輩」と呼ばれ慕われていたという梅沢は「彼ががんになって、どんどん変わっていく様も僕は身近で経験したものですから……未だに彼ががんで亡くなったというのは信じたくないんです」と悲痛な胸の内を語った。


 生前の今井さんが、末期がんの告知を最初に伝えたのは梅沢だったという。梅沢は「(がんとわかって)すぐに電話をくれて、『どうも辛くてちょっと調べてもらったら末期だった』と。そうしたら、あれよあれよという間にどんどん痩せていって……」と語った。


 世間に病状を隠し、最後まで力の限りがんと闘っていた今井さん。そんな今井さんからの強い願いで、当時梅沢は初めてがん検診を受けたという。「(今井君との)約束で『先輩行ってくれ。先輩なんか病院に行ったことないですよね? オレと約束してくれ。そうでないともう先輩と付き合いませんよ』と言われて、診てもらったらポリープが3つあって。取ったら悪性になる一歩手前でした。あれを知らなかったら今僕はいなかったと思います」と明かした。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


▶︎放送済み『けやきヒルズ』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

AbemaTIMES

「梅沢富美男」をもっと詳しく

「梅沢富美男」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ