オリラジ藤森とケンコバが絶賛! 酸味と深い甘み、梅の旨味を凝縮させた“幻の梅干し”

5月29日(火)13時17分 AbemaTIMES

 24日に放送されたAbemaTVの通販会社リアリティーショー「革命的ショッピングバラエティ! 買えるAbemaTV社 ヨダレだくだく!? 細胞がざわついた究極の梅干しSP」で幻の梅干し「杉田梅」が紹介され、MCを務めるオリエンタルラジオ藤森慎吾ケンドーコバヤシをはじめ共演者一同を驚愕させた。

 梅干しSPのハンバイヤーとして登場したのは、梅干しの販売や商品企画を手掛ける会社「BambooCut」で代表を務める竹内順平氏(28)。4年前から梅干しの魅力にハマり、これまで全国津々浦々で食した梅干しはおよそ300種類。今でも「梅干しと出合う旅を続けている」と豪語する自他ともに認める“やや酔狂”な若者だ。

 そんな竹内氏が自信を持って紹介したのは、伝説の梅干し職人として名を知られる乗松祥子さん(77)が手塩にかけて育てる希少種・杉田梅。出会いから2年を経て、ようや託すことを認められた自慢の逸品だ。

 試食をした藤森は「酸っぱさが旨味に変わる。奥深くて力強い」と杉田梅の美味しさに驚いた様子で絶賛すると、さらに続けて「食べ終わった後に唇をペロッと舐めると、唇まで美味しい」と興奮気味に感想を語った。


 この美味しさの秘訣について竹内氏は「乗松さんは一つひとつ手塩に掛け、梅干しの細胞が最も活性化する瞬間に漬け込むんです」と説明すると「探し求めた梅干しの正解の味」と力説。関西出身で紀州の梅が好きという意外な一面を見せたケンコバも「僕の想像を遥かに超えてきた」と、その美味しさに脱帽するほかなかった。

 竹内氏が自信を持ってお勧めする梅干しは、番組のオリジナルサイトで、セット購入なら最大約15%オフで購入可能となっている。

(C)AbemaTV


▶見逃し視聴はコチラ
「革命的ショッピングバラエティ! 買えるAbemaTV社 ヨダレだくだく!? 細胞がざわついた究極の梅干しSP」


▶商品の購入はコチラ

AbemaTIMES

「梅干し」をもっと詳しく

「梅干し」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ