クリス・プラットが『ジュラシック・ワールド/炎の王国』撮影で汚くてきつかったシーンを告白

5月29日(火)16時55分 AOLニュース



『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の1シーンに、ブライス・ダラス・ハワード扮するクレアとジャスティス・スミスが演じるフランクリンが乗ったジャイロスフィアが崖から海に落ち、オーウェン役のクリス・プラットが助けに行く場面がある。予告編にも出て来るのでご存知の方も多いだろう。

この作品に出演しているクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジェフ・ゴールドブラムがそろって英国BBCの人気トーク番組「ザ・グラハム・ノートン・ショー」に出演、他のゲストとしてテレビドラマ『ウエストワールド』に出演しているタンディ・ニュートンも同席していた。

番組中この水中シーンの話題になり、プラットがこの撮影のため決してきれいとは言えない水中で8〜9日間過ごしたと話している。

クリス・プラット:まぁ聞いてください、あのプールには大量の塩素剤が入れてあったんです。なにしろスタッフが85人ほど水中に居て、そのままおしっこしてるんですから。トイレに行くヒマはありませんでしたからね。

タンディー・ニュートン:[クリスに]みんながしてたのは知ってたのね。

クリス:それは、間違いなく。

このあとタンディーがこっそりおしっこをしている人間の表情「放尿顔」を披露する。

タンディー:クリス、あなたはしたの?

クリス:実は大の方を。

一方のブライスは自らの水中放尿の事実を肯定も否定もしなかった。しかしどうやら"有罪"の語り口である。

クリス:[ブライスに]君じゃなくてやったのは(役柄の)クレアだよね。

ブライスは苦笑いしたあと、役柄のクレアがパニックに陥ったと冗談を飛ばす。その時は「とても自分を恥じた」そうだが、再び笑いでごまかそうとする。

ブライス:あの時はできるだけ水分を取らないように努力したんですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=L1IDd-1P9YY


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の日本での公開は7月13日からだが、劇場で"過酷"な水中シーンが出てきたらこの会話を思い出してしまう事だろう。

■参照リンク

AOLニュース

「ジュラシック・ワールド」をもっと詳しく

「ジュラシック・ワールド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ