安達祐実36歳、「しゃべくり」で披露した“園児”姿が本題見失わせた破壊力!

5月29日(火)17時59分 アサ芸プラス

 5月28日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)が“神回”だったと大きな話題になっている。

 この日のゲストだった実年齢36歳の安達祐実が、いまだに小学生に間違われるということから「本気を出したら何歳まで通用するのか」を検証。18歳・金髪ギャル、15歳・セーラー服中学生、10歳・ランドセルを背負い黄色い帽子を被った小学生、4歳・水色のスモックを着た幼稚園児とどんどん年齢を下げて扮装を披露したのだ。

「どの扮装にも違和感がなく、とにかくかわいかったため、ネット上では『安達祐実36歳ってウソだろ?』『セーラー服の安達祐実マジで中学生に見える!』『どの扮装も完成度ハンパない!神回!!』『小学生の安達祐実めっちゃカワイイ!』など、放送中から大絶賛の声が噴出しました」(テレビ誌ライター)

 2014年11月に再婚したカメラマンの夫とは写真集の撮影で知り合ったそうだが、撮影期間だった2年半の間に交際が始まったのではなく、撮影が終了して、もう会えなくなると思った時に「あっ、好きなのかもしれない」と気づき、自分から「好きになっちゃんたんですけど」と気持ちを伝えたことを明かした安達。貴重な告白だったにもかかわらず、中学生や幼稚園児に扮した姿の破壊力が大きすぎたために、そのエピソードが霞んでしまったことは言うまでもない。

アサ芸プラス

「安達祐実」をもっと詳しく

「安達祐実」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ