『ミッション:インポッシブル』最新作、森川智之ら吹替キャストの続投決定

5月29日(火)7時0分 クランクイン!

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』シリーズお馴染みのメンバーたちの吹替続投決定! TM,(R)& Copyright(C)2006 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.(C)2015 Skydance Productions and Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.(C)2016 Paramount Pictures.(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

写真を拡大

 トム・クルーズが伝説的スパイ、イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画シリーズの最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の日本語吹替版声優が発表され、トム・クルーズの吹替は、トム本人の公認も受けている森川智之が続投することがわかった。 本作は、イーサン・ハントとIMFチームが“同時核爆発を未然に防ぐミッション”に挑む姿を描いた、シリーズ第6弾。先日、DAIGO広瀬アリスが日本語吹替版声優を務めることが発表されていたが、今回、IMFメンバーや重要キャラクターたちの吹替声優が続投することが決定した。

 トム演じるイーサン役は、「この人以外いない!」と日本全国から絶大な信頼を得ている森川が務めるほか、シリーズ3作目で初登場以後、チームのガジェット担当かつお茶目な相棒的存在として活躍するベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)役を根本泰彦、頼れるベテランエージェントのルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)役を手塚秀彰、美しき女スパイのイルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)役は甲斐田裕子が担当する。

 また、4作目『ゴースト・プロトコル』のラストシーンで姿を見せて以来登場が無く、本作で夫イーサンと再会を果たすことが明かされている妻ジュリア・リード(ミシェル・モナハン)役は岡寛恵、前作でシリーズ最大の敵として登場した悪のスパイ組織「シンジケート」のボス、ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)役は中尾隆聖、前作で新IMF長官に就任を果たしたアラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)役は田中正彦が務める。シリーズお馴染みの吹替声優が勢ぞろいとなった。

 森川は、「今回の『フォールアウト』はシリーズ作品としての醍醐味を最高に楽しめるのではないでしょうか。今まで散りばめられてきた数々のピースが化学反応を起こすような映画になると思います」とコメント。そして、「どんなストーリーになるかも今から気になるところですが、トムのノースタントによるアクションには、これまで以上に大注目しています。そんなトム演じるイーサン・ハントを、皆さんがおもいっきり楽しんでもらえるように頑張るのが、私のミッションです!」と意気込んだ。

 根本は「サイモン・ペッグは知性に溢れ喋りも速く、毎回収録では悲鳴を上げていますが、完成品を家族で楽しむ幸福で全ては報われます。ガンガン行ってくれ〜、ベンジー!!」とコメント。

 また、手塚は「今回はどんな展開を見せてくれるのかワクワク・ドキドキ!自分自身も楽しみながら収録を向かえたいと思います」、甲斐田は「今回はどんな姿を、活躍を見せてくれるのかワクワクしています。彼女の魅力を日本語版でも損なわないよう、収録に挑みたいと思います」とコメントしている。

 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日(金)より全国公開。

クランクイン!

「最新作」をもっと詳しく

「最新作」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ