「ヘッドハンター」小池栄子への“こだぬき”呼ばわりに違和感

5月30日(水)10時14分 アサジョ

 テレビ東京がこの4月に新しいビジネスドラマ枠として設けた月曜夜10時の「ドラマBiz」。同テレビ局のビジネス番組「日経スペシャル ガイアの夜明け」で案内役を務める江口洋介が主演を務め、同番組のナレーションを務める杉本哲太、「日経スペシャル カンブリア宮殿」でインタビュアーを務める小池栄子が脇を固める「ヘッドハンター」が、この枠の第1弾だ。

「テレ東のやる気を感じさせると業界内では高く評価されているようです。脚本には『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』シリーズをフジテレビの人気コンテンツに定着させたと言われる林宏司氏を据え、大人が視聴して楽しいと感じられる“転職”にまつわる人間ドラマが1話完結でくり広げられています。小池が演じる業界最大手の転職斡旋会社『ブリッジ』のヤリ手キャリアウーマン・赤城響子は、隙を見せない硬いイメージの女性。ところが、黒澤(江口)が経営する転職斡旋会社『SAGASU』のリサーチャー舘林美憂(徳永えり)から“こだぬき”と呼ばれライバル視されるんですが、これに違和感を覚える視聴者が少なくないようです。誰が見ても“こだぬき”に見えるのは徳永のほうで、小池は言うなれば“女狐”。それでも演技力の高い2人はドラマに華やかさを添えつつも決して甘さは出さず、シビアな転職業界で働く、違うタイプの女性役をきっちりと演じていますからあっぱれです」(テレビ誌ライター)

 女優としてどんどんキャリアを積んでいる小池。女性らしからぬ大胆さと女性らしい繊細さを持ち合わせる響子役は、当たり役と言えるだろう。

アサジョ

「小池栄子」をもっと詳しく

「小池栄子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ