注目ワード社会人・非常識な退職 なんでも鑑定団・最高額 石川佳純・連覇 小倉智昭・ほっとけよ、こんなもん 人生・大切な人生訓 2017冬ワイヤーネイル

BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

「不倫を美談にするな」 乃木坂46ドキュメンタリー映画、松村沙友理の扱いに一部ファンが反発

メンズサイゾー5月30日(土)12時0分
画像:「不倫を美談にするな」 乃木坂46ドキュメンタリー映画、松村沙友理の扱いに一部ファンが反発
写真を拡大

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の初ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』の予告編がYouTubeなどで解禁された。同作は当初の5月公開予定から延期し、7月10日より全国ロードショーが決定している。


 同作は「人は変われる」をテーマに乃木坂メンバーの過去から現在までを照らし出す内容。予告編では桜井玲香(21)の「学校を辞めざるを得なかった」という印象的な言葉や、生駒里奈(19)のAKB48兼任に対する本人やメンバーの本音、さらには「母親が語る"本当の彼女たちの姿"」といった家族愛を感じさせるキーワードなどが入っている。


 さまざまな要素が詰め込まれているようだが、予告編で良くも悪くもファンの関心を最も集めたのは「さゆりんご」こと松村沙友理(22)の存在だった。


 生駒の「灰色になっちゃったイメージを真っ白にするのは、まっつん(松村)だと思う」というコメントと共に松村がピンで映し出され、その直後には番組のひな段で他のメンバーたちが談笑する中、松村だけが「ぼっち状態」になっているカットが挿入される。


 これは昨年10月に松村が大手出版社・集英社の編集者S氏と不倫していたと、週刊誌にスクープされた騒動に触れるということに違いない。


「松村の騒動の余波で他のメンバーのスキャンダルも噴出し、結果的に乃木坂の悲願だったNHK『紅白歌合戦』出場がお流れになった。この騒動でクビにされたメンバーもいましたが、松村は処分ナシ。これに『えこひいき』との批判がグループ内で発生し、松村はシカトされているといわれていた。ほとぼりが冷めたとはいえ、それを公式で映像化してしまうのは驚きですね」(週刊誌記者)


 予告編を見る限りでは、メンバーがそれぞれ思いを抱えながら困難やアクシデントを克服していく「美談」の構成になっている。だが、これに納得がいかないファンも多く、以下のような批判がネット上に寄せられている。


「不倫は美談にしちゃいかんだろ」
「映画で騒動をネタにするって図太すぎ」
「悪いのはルール違反した松村なのにシカトしてるメンバーが悪者みたいじゃん」
「生駒ちゃんの兼任が散々責められたのに、松村には何も言えない理不尽」
「不倫路チューに感動する要素なんてないだろ」
「どういじっても、運営の対応が酷すぎたからなあ...」


 また、母親がメンバーの素顔を語るという煽り文句があったが、それについても松村に関しては「親子の感動話にされたら批判しにくくなる」「卑怯」という意見が上がっている。


「家族愛というテーマに関しては、AKB48グループのドキュメンタリー映画との差別化を図るという狙いが制作サイドにあったようです。あくまで乃木坂は『AKB48の公式ライバルグループ』という存在なので、似たような作品にはできません。ですから、決して松村を擁護する目的ではない。ただ、運営サイドが騒動で公平な対応をできなかったことが尾を引き、うがった見方をされても仕方ない状況になってしまった」(映画関係者)


 ファンのモヤモヤが残ったまま騒動を総括するようなことをすれば、反発されるのも致し方ないところ。それどころか、やっと沈静化しつつあった松村の「不倫イメージ」が蒸し返されることになった。映画自体はメンバーの知られざる思いや素顔がのぞけるファン必見の内容なのだが、運営サイドの松村に対する特別待遇だけでは今後も支持を得られなさそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

この記事のトピックス

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「「不倫を美談にするな」 乃木坂46ドキュメンタリー映画、松村沙友理の扱いに一部ファンが反発」の関連ニュース

注目ニュース
なんでも鑑定団・国宝級茶碗に陶芸家「どう見てもまがい物」 NEWSポストセブン1月23日(月)7時0分
今年で放送開始から23年目を迎える、テレビ東京の看板番組『開運!なんでも鑑定団』(火曜夜8時54分〜)。[ 記事全文 ]
小倉智昭、狩野に怒り「ほっとけよ、こんなもん」 日刊スポーツ1月23日(月)9時16分
フリーアナウンサーの小倉智昭(69)が、17歳女子高生との淫行疑惑を報じられて芸能活動を当面謹慎することになった、お笑い芸人の狩野英孝(3…[ 記事全文 ]
袴田吉彦のアパ不倫と塩谷瞬の鬼畜セックスを暴露したグラドル、セミヌード披露で売り出し加速 messy1月20日(金)22時0分
先日、俳優の袴田吉彦とかつて不倫関係にあったことを「週刊新潮」(新潮社)に暴露した30歳のグラビアアイドルが、翌週の同誌では塩谷瞬とも性的…[ 記事全文 ]
細川茂樹「事務所契約解除」のウラに意外すぎる「バッチバチ素顔」 アサ芸プラス1月22日(日)17時57分
モデル出身のイケメン俳優で、近年は家電製品に詳しい“家電俳優”として人気を博した細川茂樹(45)が、昨年末をもって所属事務所から契約を解除…[ 記事全文 ]
マドンナがデモで放送禁止用語3連発、中継切り替え 日刊スポーツ1月23日(月)7時17分
新たに米大統領に就任したドナルド・トランプ氏に抗議する女性たちによるデモ「ウィメンズ・マーチ」が21日、世界中で繰り広げられ、その中心とな…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア