山崎賢人、初めての相手は菜々緒!強烈ビンタに「気持ちよかった」 映画「オオカミ少女と黒王子」初日舞台あいさつ1

5月30日(月)19時4分 MAiDiGiTV


 俳優の山崎賢人さんが5月28日、東京都内で行われた映画「オオカミ少女と黒王子」(廣木隆一監督)の初日舞台あいさつに、主要キャストとともに登場。山崎さんは、姉役の菜々緒さんからビンタされるシーンを振り返り、「(演技で)ビンタされるのは初めてで、気持ちよかったです。でも初めてが菜々緒さんでよかった」とはにかんだ。

 菜々緒さんは「(バラエティー番組の)『VS嵐』を見た方は私のビンタの破壊力はご存じかと思いますが」と笑い、「役者さんの顔をビンタするのはやっぱり気が引けるので、マネジャーさんを相手に練習したんですね。本番では一発OKだったんですけど、カメラの関係でテーク2を撮って、賢人君を2回もビンタしてしまった」と反省し、山崎さんに「ごめんね」と謝った。

 映画は、「別冊マーガレット」(集英社)で連載中の八田鮎子さんの人気マンガが原作。高校に入学したばかりの見えっ張り女子高生・篠原エリカ(二階堂ふみさん)は、彼氏がいないのにいると女友達にうそをつき、学校一の“イケメン王子”・佐田恭也(山崎さん)に彼氏のふりをお願いする。恭也は自分に“絶対服従”することを条件にそれを受け入れる“ドS王子”で……というストーリー。

 舞台あいさつには二階堂さん、鈴木伸之さん、門脇麦さん、池田エライザさん、玉城ティナさん、吉沢亮さん、廣木監督も登場した。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

菜々緒をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ