禁断領域に踏み込んだ!?金田朋子宅で「声優と夜遊び」が生放送を敢行

5月30日(木)17時23分 おたくま経済新聞


 独特の声とキャラクター、そして予想できない行動で共演者をカオスの渦に叩き込む「金朋地獄」の言葉で知られる、声優の金田朋子さん。その金田朋子さんが、「ドラえもん」のジャイアン役や「ヒプノシスマイク」の山田一郎役で知られる木村昴さんと火曜日のパーソナリティを務める、AbemaTV「声優と夜遊び」5月28日放送分で、翌29日に誕生日を迎える金田さんのバースデースペシャルを金田さんの自宅から生放送。夫の森渉さんを交えて“夫婦の寝室で官能小説朗読会”を行うなど、ハチャメチャな番組となりました。

 AbemaTVの「アニメLIVE」チャンネルで、毎週月〜金曜の22時から90分に渡って生放送している「声優と夜遊び」。曜日ごとのレギュラーパーソナリティが、アニメなどの演技とは違った普段の姿を見せることで、声優ファンからの支持を集めています。2019年4月からは、新しいパーソナリティを迎えた「2ndシーズン」が始まっています。

 金田朋子さん(愛称:だーさん)と木村昴さんがパーソナリティを務める火曜日は、さながら木村昴さんが猛獣使いを思わせる、2人の見事なコンビネーションが見どころ。5月28日放送分は、5月29日に誕生日を迎える金田朋子さんをお祝いする「祝・金田朋子 誕生日! 〜だーさんちから生放送をお届けしちゃうぞスペシャル!〜」となりました。スペシャルということで、いつものスタジオを飛び出して木村昴さんが向かった先は、なんと金田さんの自宅。チャイムがなってドアを開けた金田さん、木村昴さんが「こんばんは」と顔をのぞかせると「結構です。間に合ってます」と一旦閉めてしまいますが、再度チャイムを鳴らされて中へ迎え入れます。



 木村さんはちょっと早めにバースデーをお祝いしようと、金田さんの自宅を「きちゃった(はぁと)」と訪ねたのでした。もう22時と夜遅い時間なので、お隣さんにご迷惑がかからないように、と小声で話す木村さんに対し「大丈夫だよ、普通にしゃべって平気。あたしいつも『あ〜〜〜っ!(奇声)』って言ってるから」と言い放つ金田さん。「すっげーよ……外までだーさんの声、めっちゃ聞こえてましたもん」と驚く木村さんを待ち受けていたのは、廊下をふさぐ「ようこそ!」と書かれた大きな紙。金田さん宅を訪ねた人は、この紙に突っ込み、破って入らなければいけないという“儀式”があるのです。「いっぺんやってみたかった」と、木村さんは嬉々として突入。金田さんから「ようこそ〜!」と歓迎されました。金田さんの夫である森渉さん(愛称:ポポちゃん)も、とてもリラックスした姿で木村さんを歓迎します。

 もうあと少しで日付が変わり、誕生日を迎える金田さん。3人並んでのトークで、金田さんは「(誕生日を迎えて)最初に会う人が(木村)昴くんなんだね」と少し不満そうですが、すかさず森さんが「いや俺を見ればいいじゃない。隣にいるのに」と冷静なツッコミ。さっそく金朋ワールドの幕が開きます。ちなみに、金田さんが着ていたのは「ドラえもん」で木村さん演じるジャイアンとお揃いのシャツ。頭につけているのもジャイアンのマスクでした。木村さんを喜ばせるためのチョイスでしたが、あまりに自然なため、木村さんは金田さんから言われるまで気づかないほど。

 金田さんの「今日は私がジャイアンだから」の言葉で、木村さんは金田さんを喜ばせることになりました。普段はというと、金田さんがジャイアンで、森渉さんがのび太だそうで……「ほんといじめられてますから(笑)。でも急にいいヤツになったりしますから、本当にリアル」という森さんの言葉に木村さんも爆笑です。



 まず、金田さんの謎の創作料理「クロマニョン」作りを木村さんが手伝うことに。ネギやウインナーなどを使ったものですが、ホワイトソースを小麦粉と牛乳で作るところから始める本格派。その間森さんは「カロリー消費したいから」と、ルームランナーでランニングを始めます。結構速いペースなので、かなりカロリー的にボリュームのある料理のようでした。



 また、放送で大人気のコーナー「官能小説朗読会」では、金田さんと森さん夫妻が寝起きしている寝室で実施。今回は森さんをゲストに迎え、木村さんが18歳の青年役とナレーションを担当し、森さん演じる兄と、金田さん演じるウブな兄嫁との“初夜”の営みをのぞき見る……という背徳的なシチュエーションを読むことに。官能小説の朗読は初めてとなる森さんは緊張気味ですが、そこは俳優。だんだんと「結婚相手(金田さん)を思いのままに操ろうとする男性」の演技にのめり込んでいきます。しかし相手役の金田さんは、スタッフ含めて10人以上が機材とともにみっちりと寝室に詰め込まれている状況がおかしくて仕方がない様子。笑いをこらえきれず、最後には“性感をとろかせた喘ぎ声”ではなく「おぉ〜っ!おぉ〜〜っほほほほっ!」と奇声をあげながら爆笑してしまう始末でした。



 終わったあと、森さんも「視聴者の皆さんからすると3人しか見えてないですけど、こっち(出演者)から見ると10人以上いますからね。全員男で」と言い、木村さんも同調するように「人の“愛の巣”に、10人以上で押し入るもんじゃない!」と、異様な撮影風景に言及していました。しかも照明など機材の発する熱と人いきれで、部屋の中はかなり暑かったようですよ。

 このほかにも、アスリートでもある森さんの指導で木村さんがバーベル上げに挑戦したり、家の中に隠した1万円を探す宝探しを行ったりと、番組は盛りだくさんの内容。この様子は「Abema ビデオ」で放送後1週間、Abemaプレミアムではその後も無料で見ることができます。

(C) AbemaTV

情報提供:株式会社AbemaTV

(咲村珠樹)

おたくま経済新聞

「金田朋子」をもっと詳しく

「金田朋子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ