壮一帆 剣幸との対談に「宝塚に入って良かった」

5月29日(水)17時0分 TOKYO FM+

元宝塚歌劇団雪組トップスターの壮一帆が、ゲストとともに今の思いと音楽をお届けするトーク番組「壮一帆 気分SO快!」。新放送サービスi-dioのチャンネル「TS ONE」で放送しています。4月2週目には、宝塚の大先輩でもある女優の剣幸さんをゲストにお迎えしました。







剣さんは1985年から90年までの5年間、月組のトップスターとして活躍。さまざまな名作の中、『ME AND MY GIRL』の1年間に及ぶロングラン公演は、宝塚史上初の記録となっています。壮も小学校5、6年生の頃にこのステージを観劇。それまでも宝塚の舞台を見たことはあったものの、最初から最後まで通して見たのはこの『ME AND MY GIRL』が初めてだったとのこと。そのため、「私の初恋の人が(ME AND MY GIRLで剣さんが演じた)ビルと言っても過言ではない」と話すほどで、今回の収録は過去80回の放送の中で一番緊張してしまい、朝も早くに目が覚めてしまったそう。



「剣さんは私がファン時代に客席から憧れて見ていた存在なので、私にとって神様みたいな方なんです。私、今日ほど宝塚に入って良かったと思ったことはないです(笑)」



また、剣さんの作る“温かみのある舞台”に、小さい頃から憧れていたという壮。「小さいって……!」と壮の言葉に反応する剣さんですが、“温かみ”の理由を次のように語りました。



「私は一人で作りあげるというより、みんなと何かをやることがとにかく好きだったんです。何十人、何百人の力が集まったときってすごいじゃない?(みんなで)一つひとつ石を積み上げ、頂点まで持って行くという作業がすごく好きでした。お稽古が終わってご飯を食べに行っても、毎日その話をしていましたね。親よりも一緒にいる時間が長い仲間たちが、愛おしかったんです。楽しかったですね」



その楽しさからか、1ヵ月間休みのない公演でも乗り切っていたという剣さん。しかもトップという立場でその生活を5年も続けたことに、壮は「すごいですよね」と感嘆。さらにその間、公演が終わると寮でみんなと集い、1、2時間しか寝ないで舞台に立ったというエピソードには、「私(の場合は)、そんなことしたら休演です(笑)」と、その体力にも驚いていました。



最近は、剣さんが話したような“上級生と下級生が一堂に会して、ワイワイする”ことはあまり無いという壮。自身もそれが好きなタイプではあるものの、明日のことを考えるとなかなかできなかったとのこと。剣さんは、「みんなでワイワイする中から、下級生の話や上級生の舞台に対する思いを共有できる。(身体のケアなど)自分のテリトリーだけを大事にするよりも、人と対話してぶつかって傷ついて喜んで……というのが、人間なわけじゃない?」と、コミュニケーションの大切さを力説。また声が出づらいことがあったしても、「この声だと違う役作りができるかも」と別のアプローチや対処法が学べると語りました。剣さんの言葉に、「すごくプラス思考でいらっしゃる」と笑いを交えながらも、「その時代に月組だった方が羨ましいです」と話す壮でした。



----------------------------------------------------

【TS ONEの視聴方法】

お持ちのスマートフォンまたはパソコンに、「TS ONE」の視聴専用アプリ『TS PLAY by i-dio』(無料)をダウンロードし、インストールすることでお楽しみいただけます。



★ダウンロードはこちら → http://tsplay.tokyosmart.jp/

----------------------------------------------------



【番組概要】

番組名:壮一帆 気分SO快!

パーソナリティ:壮一帆

放送時間:(初回放送)月曜 20:00-21:00

(リピート放送)火曜12:00-13:00、水曜20:00-21:00、木曜12:00-13:00、金曜23:00-24:00、土曜9:00-10:00、日曜21:00-22:00

番組Webサイト:http://www.tokyosmart.jp/so

TOKYO FM+

「宝塚歌劇団」をもっと詳しく

「宝塚歌劇団」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ