『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本語声優に榎木淳弥&竹中直人&高橋広樹

6月1日(土)10時0分 クランクイン!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本語吹き替え版キャスト

写真を拡大

 6月28日に世界最速公開される映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の日本語吹き替え版キャストとして、声優の榎木淳弥、俳優の竹中直人、声優の高橋広樹が出演することが発表された。前作に引き続き、榎木はスパイダーマンを演じ、竹中はアベンジャーズからニック・フューリー役を続投。高橋はスパイダーマンと共に立ち向かう新ヒーロー、ミステリオを演じる。 本作は、2017年にアベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に参戦した『スパイダーマン』の最新作。現在公開中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界が描かれる。

 日本語吹き替え版で榎木が演じるのは、主人公のスパイダーマンこと高校生のピーター・パーカー。榎木は「エンドゲーム後の世界で、スパイダーマンの新たな戦いが始まります。ピーターが、スパイダーマンが、ヒーローとしてどのように成長していくのか僕自身も楽しみです。ご期待下さい!」と意気込む。

 竹中は元S.H.I.E.L.D.長官にしてアベンジャーズを統率してきたフューリーを演じる。アベンジャーズのヒーローたちが不在の中、ヨーロッパ各地に突如現れた脅威を前に、スパイダーマンに共に戦うことを要請する重要な役どころだ。「スパイダーマンとニック・フューリーの夢の共演!!! そして…この私が、再びニック・フューリーの声優を務めさせて頂くとはっ! 我が心臓が音を立てて軋みだす! わたくし竹中直人、全勢力をかけて挑みたい!そう思っております!どうかよろしくお願い致します!!」と興奮気味にコメントした。

 高橋は新登場のミステリオことベックを担当。ミステリオ役のジェイク・ギレンホールが出演する作品で、数多く吹き替えを担当してきた高橋は「また、新しいジェイクに会えて嬉しいです。彼は、出演する映画毎に役作りがとても深いので、楽しみです」と語った。

 その他、ピーターを支えるハッピー・ホーガン役を大西健晴、ピーターが密かに恋心を寄せるMJ役に真壁かずみ、ピーターの同級生で一番の親友でもあるネッド役に吉田ウーロン太、高校のニュースチャンネルのパーソナリティーであるベティ役に水瀬いのり、ピーターの叔母であるメイおばさん役には安藤麻吹がそれぞれ続投する。

 映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は6月28日より全国公開。

クランクイン!

「スパイダーマン」をもっと詳しく

「スパイダーマン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ