よゐこ濱口、タワーブリッジの餌食に…

6月2日(金)17時10分 ナリナリドットコム

6月1日、お笑い芸人・よゐこの濱口優とアイドルプロレスラー・才木玲佳が、「東京おもちゃショー2017」内のバンダイイベント「祝・ガシャポン40周年!復活!『キンケシ』ステージ」に登壇。クイズに間違えた濱口が、罰ゲームとしてタワーブリッジの餌食になる一幕があった。

この日、濱口と才木は「キン肉マン」にちなみ、キン肉マン&ロビンマスクのコスプレで登場。ステージ上に置かれた巨大な「スーパーメガガシャポン」を回すことになったのだが、濱口が「才木さんが好きなワザケシはどれでしょうか?」という事前のクイズにまさかの失敗。「アシュラバスター」「ネメシスドライバー」「タワーブリッジ」の三択からひとつ選ぶ超簡単な“サービス問題”でだったにも関わらず、「あえてロビンがやられているネメシスドライバーで!」とボケをかまし、罰ゲームを受けるハメになった。

「何の技をかけましょうか?」と問われた才木は「やっぱりここはタワーブリッジでしょう!」と即答。そのまま70kg近くある濱口の身体をひょいっと持ち上げ、タワーブリッジを完成させた。

「決まってる!決まってる!ギブ! ギブ!! ギブ!!!」ともだえた濱口だが、その後、無事ガシャポンを回すことが許され、自身が番組の企画で考案した「Mr.USB」(※ほかの超人の技をコピーする能力を持つ)のキンケシをゲット。「(自分が考案した超人がキンケシになったことは)子どものころからの夢ですよ。『ジャンプ』に送っていたから。めちゃめちゃ嬉しい!」と大喜びでステージを後にしていた。

ナリナリドットコム

よゐこをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ