『名探偵コナン』最新作、シリーズ初の観客動員数1000万人突破! 公開1ヵ月半も勢い継続

2024年6月3日(月)12時16分 クランクイン!

劇場版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』が、公開から52日間で観客動員数1006万人、興行収入144億円を突破。劇場版『名探偵コナン』シリーズとして、初の観客動員数1000万人を達成した。

 青山剛昌による原作漫画の連載が30周年を迎え、コミックスは105巻、累計発行部数は全世界で2.7億部を記録。テレビアニメシリーズも放送1100回を超えるなど、その勢いがとどまることを知らない『名探偵コナン』。

 先月27日には、公開45日間で昨年公開された劇場版『名探偵コナン 黒鉄の魚影(くろがねのサブマリン)』の興行収入138.8億円超えの140億円を突破し、27作目にしてシリーズ史上最高記録を更新するという快挙を成し遂げた。

 この度、6月2日までの公開52日間で、観客動員数1006万人、興行収入144億円を突破し、劇場版『名探偵コナン』シリーズとして、初の観客動員数1000万人を達成。今作『100万ドルの五稜星』は、ゴールデンウィークを超えても勢いを落とすことなく、6月に入っても前作を上回る対比で推移しており、ついに劇場版シリーズ初の大台突破となる観客動員数1000万人という新記録を打ち立てた。

 5月中旬からは【愛を叫べ!100万ドルの応援上映】と題した発声可能上映も実施され、SNS上では、「会場の団結力がハンパなかった」「シーンごとに入る的確なツッコミに思わず笑っちゃう」「最後みんなで主題歌を合唱できたのが感動した」といった感想が上がるなど各地で好評。他にも、自動制御ペンライト上映、英語字幕上映といった新形態での上映も実施している。タイトルにも入っている函館の≪100万ドルの夜景≫10個分の成績突破も目前に迫るなど、これからも本作がどこまで記録を伸ばすのか、引き続き期待したい。

 劇場版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』は公開中。

クランクイン!

「名探偵コナン」をもっと詳しく

「名探偵コナン」のニュース

「名探偵コナン」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ