渡辺翔太×中村アン、年下絶食系男子×干物系女子ラブコメでW主演 主題歌はSnow Man

2024年6月3日(月)5時0分 マイナビニュース

アイドルグループ・Snow Man渡辺翔太と、女優の中村アンがW主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『青島くんはいじわる』が7月6日(毎週土曜23:00〜)にスタートする。2人は、ドラマ初共演となる。
○■“協定恋愛”を描いた王道ラブコメ『青島くんはいじわる』
2020年「めちゃコミック」年間ランキング1位、累計閲覧数1.3億回突破(2024年6月時点 無料DL数を含むめちゃコミックサービス内での累計DL数)という同名の人気コミック(吉井ユウ氏/めちゃコミックオリジナル)を初めて映像化する今作は、年下絶食系男子×35歳干物系女子の、小さな嘘から始まる“協定恋愛”を描いた王道ラブコメ。
○■渡辺翔太、イケメン絶食系男子・青島瑞樹役に
キレのあるパフォーマンスや、バラエティ番組で見せるお茶目な素顔で人々を魅了し続けるアイドルグループ・Snow Manのメンバーである渡辺は、主演ドラマ『先生さようなら』(24年)では男子高校生と教師という2つの年代を演じ分ける繊細な演技力で視聴者を圧倒。テレビ朝日のドラマ初出演となる本作では、青島瑞樹に扮する。青島は、飲料メーカー「キャットビバレッジ」に中途で入社したシステム部員。優秀なうえに愛想がよく、さらにイケメンという会社イチのモテ男。しかし、実は訳あって人と深く接することが苦手で恋愛は必要ないと考えている、いわゆる絶食系男子。青島を演じるにあたり、渡辺は「恋愛に関して鈍感なところは僕にもリアルにある部分で、似ているなと親近感があります」とコメント。さらに、「外見は“イケメンキャラ”なんですが……“役作りはいらない! もうイケメンだぞ!”と自信をもって、強気で演じたいです(笑)」と語った。
○■中村アン、独身生活満喫中の干物系女子・葛木雪乃役に
一方、現在放送中の主演ドラマ『約束 〜16年目の真実〜』(24年)をはじめ、『NICE FLIGHT!』(22年)、『グランメゾン東京』(19年)にも引っ張りだこの中村が今回演じるのは、干物系女子・葛木雪乃。青島と同じ会社の総務部員で35歳目前の入社13年目。責任感が強く、マジメに仕事に取り組むも、社内では“お局扱い”されていて……。それにもかかわらず、後輩に押し付けられた仕事も手伝ってしまうお人好し。プライベートでは、行きつけの居酒屋でひとり酒をたしなみ、休日には気づけば家から一歩も出ていないなど、“恋愛で自分のペースが乱されるのは面倒”と、恋愛から遠ざかって独身生活を満喫中の干物系女子。そんな雪乃を演じる中村は「私もガムシャラに仕事を頑張っていたら、割といい年齢に差し掛かっているな、と。恋愛よりも仕事を優先してきて、ふと立ち止まるタイミングにすごく共感しました」とコメント。また、「家にいると“お風呂入るのめんどくさいな”とか思うことが結構あるので、自覚はなかったけど私も干物系だと思います」と明かした。
○■『青島くんはいじわる』あらすじ
同じ会社で働いているものの、話をしたことはない青島と雪乃。ある日、偶然雪乃行きつけの居酒屋でバッタリ、隣の席に。友人からの電話で“彼氏と一緒に”結婚式に出席する約束をしていたことを思い出した雪乃は、「ヤバイ、半年前に別れたんだった……!」と大慌て。結婚式は来週、どうしようと焦った雪乃はダメもと&勢いで、青島に1日だけ彼氏のふりをして、友人の結婚式に出席してほしいと頼む。すると、まさかの快諾。ホッとする雪乃だが、実は青島にはある思惑があって……。付き合っているフリをするうちに、全く興味のなかった雪乃が何となく気になり始める青島と、年下のいじわるなツンデレ男子に振り回されることになる雪乃。はたして、2人の協定恋愛の行方は。
○■主題歌は、Snow Manの新曲「君は僕のもの」に決定
主題歌は、Snow Manの新曲「君は僕のもの」に決定。この楽曲は、夏のキラキラした情景が浮かぶようなサウンドに、恋心に気づいた心情を歌ったスイートな王道ラブソング。恋が始まる際のトキメキやドキドキ感、“好き”という気持ちがあふれていく模様など、本作の世界観を表現した楽曲で、“近づけば近づくほどキミにハマッていく”“一人ではもう物足りない”という青島の心情に寄り添った歌詞にも注目だ。渡辺も「いろんなデモ曲を聴いた中で、この曲が一番耳に残りました。メンバーも『いいね! みんなで全力でやろう』と言ってくれたお気に入りの曲です」と自信をのぞかせる。
○■渡辺翔太(青島瑞樹・役)コメント
——この作品に出演が決まった時のお気持ちは?
ラブコメはあまりチャレンジしたことがないジャンルなのでうれしかったです。Snow Manのメンバーも「またドラマに出るんだね!」と喜んでくれました。原作がすごく人気のある作品だということも知っていたのでプレッシャーはありつつも、気合いを入れて“楽しい夏”をお届けできたらいいなと思いました。
——ドラマ初共演となる中村アンさんの印象をお聞かせください。
僕たちのバラエティ番組にゲストで来てくださったことがあるんですが、ご一緒したのは本当にそれ1回きりなんです。そこまでパーソナルな部分を知らないまま、すごくクールな方という印象を持っていました。だから今回、「どういう風に話しかけようかな?」と、作戦を練って会う日を迎えようと準備していたんですが、第一印象とは真逆のラフでフランクな方で、すごく楽しく撮影できそうだなと感じてホッとしました。
——役柄に共感するところはありますか?
青島の異性や恋愛に関して鈍感なところは僕にもちょっとリアルにある部分です。僕も結構1人でいるのが好きだったり、男の友人と毎日くだらない会話をしている方が好きなので、そのあたりは似ているなと、親近感がありました。“イケメンキャラ”という外見の部分では、役作りはいらないですね。“もうイケメンだぞ!”っていうぐらい、強い気持ちで自信を持って演じたいです(笑)。
——この作品の一番の見どころは何だと思いますか?
いわゆる“恋人役”という疑似恋愛みたいなことから気持ちが変化していくという、好きになっていくまでの過程がちゃんと描かれています。台本や原作を読んでいると、本当にひょんなことから恋愛って始まるんだなと感じました。だから本当に焦らなくていい、その時は突然やってくる、みたいなところを見ていただければ……。今、“恋愛はもういいや”と感じている人にも、いつその時が来るかわからないよって、恋することに対して背中を押す感じになったらいいなと思います。そしてもう夏なので、清涼感のある、見ていてさわやかな気持ちになれる作品になったらいいなとも思いますね。
——ご自身を◯◯系男子、◯◯系女子に例えるとしたら?
ヘラヘラ系男子です。Snow Manのメンバーから「ヘラヘラすんなよ」という言葉を浴びる回数が多い気がします(笑)。打ち合わせ中、誰かが真剣に話しているときに、それを聞いている人の後ろで、変顔をして、その人を笑わせようとしたり……。すぐふざけたがるという部分で“ヘラヘラ、ニヤニヤしている”と言われることが多い気がします。
——撮影現場で楽しみにしていることや、ご自身の《トリセツ》を教えてください。
僕は人見知りな方ではあるんですが、コミュニケーションを取りながら、会話を重ねてシーンにトライしていきたいタイプなので、演者さんやスタッフの皆さんと仲良くなりたいです。……かと言って、自分から話しに行くのが得意ではないので、話しかけていただけたらうれしいです。
——最後に、放送を楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。
ひょんなことから本気の恋愛が始まる……というお話なので、本当に恋がしたいと思っている皆さんの背中を押せるようなドラマになったらうれしいです。そして、本当に単純に何回も見返したくなるような、楽しい、キュンキュン、カワイイなど、いろんな感情が詰まったドラマになればいいなと思っていますので、皆さんぜひ楽しみにしていてください!
○■中村アン(葛木雪乃・役)コメント
——この作品に出演が決まった時のお気持ちは?
私は、ラブストーリーに出演した経験が少ないんです。今回はどちらかというと実年齢に近い役柄ですし、年下の男性との恋愛模様も楽しそうで、ぜひチャレンジしてみたいと思いました。
——ドラマ初共演となる渡辺翔太さんの印象をお聞かせください。
渡辺くんをテレビで拝見していて、元気でストレートにお話をされる方だなと思っていたので、すごく話しやすそうだな、という印象を持っていました。実際にお会いしても、質問しやすい雰囲気がありますし、いろいろと正直にお話してくださるので、これから撮影が楽しみです。
——役柄に共感するところはありますか?
めちゃくちゃあります! 私は今年37歳になるんですが、ガムシャラに仕事を頑張っていたら、わりといい年齢に差し掛かっているな、と……。雪乃が恋愛よりも仕事を優先してきて、ふと立ち止まるタイミングにすごく共感しました。
——この作品の一番の見どころは何だと思いますか?
“恋をすること”だと思います。恋愛に振り回されず、お仕事だけをしていたらラクではあるんですが、人を好きになる気持ちや、その相手を通して成長していく、そして人生を考えるきっかけにもなる。意地悪をされながら、それを経て真実の愛をつかめるのか……そのあたりにご注目いただきたいです。
——ご自身を◯◯系男子、◯◯系女子に例えるとしたら?
結構干物系だと思います。お仕事では何でも頑張れるんですが、家に帰ったら別にどんな格好でもいいじゃないですか。好きな人がいると、かわいく見せたいと思うかもしれないんですけど……。家では“お風呂入るのめんどくさいな”“タオルもう1回使おうかな”と思うことがすごくあります。でも実はそれが干物だという自覚があまりなかったので、原作や台本を読ませていただいて、“あ、これが恋を遠ざけているのか!”と気づきました(笑)。
——撮影現場で楽しみにしていることや、ご自身の《トリセツ》を教えてください。
自覚はないんですが、疲れてくると急にポーンと魂がどこかに行ってしまう時があります。でも、怒っているとか不機嫌なわけではなくて、どこかに行っちゃう時がたまにあるぐらいなので、気にせず普通に声を掛けてください(笑)。でも撮影現場での過ごし方って人それぞれですよね。集中している時もあるし、一緒に話しながら作った方がいい時はたくさんお話したいですし……。今回は、難しいシーンもたくさんあるので、協力し合って気を使わずに、一緒に頑張りましょう!
——最後に、放送を楽しみにしている視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。
やっぱり原作がすごく人気があって、愛されている作品なので、その漫画を読まれていた方々にも、今回ドラマで作品を知る方にも、“こういうことある!”って思いながら見ていただけるような、心の中にすっと刺さるような作品になったらいいなと思っております。ぜひ、楽しんで見ていただきたいです。
○■吉井ユウ(原作)コメント
連載終了から約3年が経って……まさかまさかのドラマ化です! 連載当初はこんなことになるとは夢にも思っていなかったので、うれしいのと驚きでまだ信じられない気持ちですが、こんな素晴らしい機会を頂けたのは、応援して下さった読者の皆さま、『青島くんはいじわる』に関わって下さった皆さまのおかげです。本当にありがとうございます!
机の上で描いていたキャラクター達に、毎週土曜よる11時に会えると思うとすごく楽しみです。ドラマ『青島くんはいじわる』、たくさんの方に観て頂けたらとてもうれしいです^^
【編集部MEMO】
青島瑞樹(26)…飲料メーカー「キャットビバレッジ」に中途入社したシステム部員。仕事ができてイケメンで愛想もいいため、女子社員の人気を独占する社内イチのモテ男。しかし実は訳あって人と深く接することが苦手で、恋愛に興味がなく、これまで特定の女性と付き合ったことがない、いわゆる《絶食系男子》。偶然入った居酒屋で隣り合わせた雪乃から1日限定の“彼氏役”として一緒に友人の結婚式に出席してほしいと頼まれ、あっさり快諾するが、それにはある思惑があって……。
葛木雪乃(34)…「キャットビバレッジ」勤務。35歳目前、入社13年目の総務部員。社内ではお局扱いされているが、責任感が強く、後輩から仕事を押し付けられても引き受けてしまうお人好し。“恋愛より一人の時間が大事”“生活ペースを乱されるのは煩わしい”という大義名分の下、この年齢で恋愛をしてムダに傷つくのは避けたいと、無自覚のままリスクヘッジして恋愛から遠ざかり、“おひとりさま”を満喫中。恋人同伴で出席する約束をしていた友人の結婚式を前に、ダメもとで青島に1日限定の“彼氏役”を依頼して……。

マイナビニュース

「渡辺翔太」をもっと詳しく

「渡辺翔太」のニュース

「渡辺翔太」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ