シュワルツェネッガーがラッパーデビュー

6月3日(月)12時19分 ナリナリドットコム

アーノルド・シュワルツェネッガーが、ラッパーデビューを飾った。

オーストリア人歌手のアンドレアス・ガバリエールによる、シュワルツェネッガーの人生をテーマにした曲「パンプ・イット・アップ ザ・モチベーション・ソング」で、本人自らフロウを披露。ボディビルダー、俳優、政治家といった経歴に、新たな肩書が追加された。

ちなみに同曲のMVにもシュワルツェネッガー本人が登場。「ターミネーター」のあの台詞を交え、こうかましている。

「おい、俺はアーノルド・シュワルツェネッガー、耳かっぽじってよく聴いてくれ」
「自分を見極め、何者希望か自問自答」
「何じゃなく、何者になるかだ。成功信じて馬車馬の如き働き、自身を信用、あらゆる夢は実現可能」
「自分の枠を破り、痛みなしなら進歩なし」
「泣き言無用と、常時お返し。俺の名前はアーノルド・シュワルツェネッガー。それ即ちアイルビーバック」

シュワルツェネッガーは15歳でウェイトリフティングをスタート、20歳で「ミスター・ユニバース」の称号を手にし、その後ボディビル界最高峰とされるミスター・オリンピアに7回輝いている。俳優としては1982年に「コナン・ザ・グレート」で主演。その2年後には「ターミネーター」で強烈な印象を残し、人気を不動にした。

ナリナリドットコム

「ラッパー」をもっと詳しく

「ラッパー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ