奏の願い受け止め、真樹は手術決意…運命の恋人の結末は『Destiny』今夜最終回

2024年6月4日(火)6時0分 マイナビニュース

女優の石原さとみが主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『Destiny』(毎週火曜21:00〜)最終回が、きょう4日に放送される。
○■Destiny、見逃し配信再生数累計は2,400万回に
今作は、ドラマ『Dr.コトー診療所』シリーズ(03年ほか/映画は22年)、映画『涙そうそう』(06年)、『ハナミズキ』(10年)などを手掛ける脚本家・吉田紀子氏が、自身初となる検事の世界を舞台にしたサスペンス×ラブストーリー。主人公の検事・西村奏(石原さとみ)が、大学時代の恋人・野木真樹と(亀梨和也)と12年ぶりに再会したことを機に、封印してきた青春時代のある事件の扉が開き、二人は20年に及ぶ運命の波に翻弄されていくことに……。出産を経て、今作で3年ぶりの連続ドラマ復帰を果たす石原が主演を務め、亀梨和也と初共演を果たす。5月28日放送の第8話は、番組最高視聴率をマーク。さらに第1話〜8話の見逃し配信の累計再生は、2,400万回(ビデオリサーチにて算出/24,488,224回/期間:4月9日〜6月2日)を記録し、テレビ朝日のゴールデン・プライム帯史上最高記録を更新し続ける大ヒット作品となっている。
野木邸放火事件の再捜査を続けていた横浜地検中央支部の検事・奏。犯行を自供した真樹が、実は梅田祐希(矢本悠馬)をかばっていたことがわかったものの、祐希も犯行は否認。迷宮入りしたかのように見えた捜査だったが、奏の執念の追跡により、ついに放火の真犯人が判明する。「環境エネルギー汚職事件」に関わっていたその人物は、なぜ野木浩一郎(仲村トオル)の命を狙い、放火に及んだのか。父の自死、親友カオリの事故、そして放火事件……すべては20年前から繋がっているのではないかと考えた奏が浩一郎の病室を訪問するところで、第8話は幕を閉じた。
○■浩一郎、秘めてきた真実語り始める
最終回では、20年前、「環エネ事件」で逮捕された東議員を無罪に導いた浩一郎。そんな彼の命を狙って放火したのが秘書の秋葉という事実を突きつけ、奏は浩一郎に「教えてください。真実を」と懇願する。浩一郎はとうとう重い口を開き、秘めてきた衝撃の真相を語り始める。やはりすべては、20年前のある出来事から始まっていた。それを知った奏は……。そして病状が進行した真樹は、「生きるのを、諦めてほしくない」という奏の願いを受け止め、奏の元婚約者・奥田貴志(安藤政信)の執刀で、手術を受けることを決意する。
宿命的に起きた3つの事件と、時を超えて出逢ってしまった奏と真樹の愛の物語は、ついにフィナーレへ。初めから“出会ってはいけない”運命だったのか、激しい試練に見舞われながらも“出会ってしまう”運命だったのか——。はたして、奏と真樹、運命の恋人の愛の結末は。
【編集部MEMO】最終回あらすじ
テレビのニュースで民事党議員・東正太郎(馬場徹)の総裁就任報告を見ていた「横浜地検」の検事・西村奏(石原さとみ)は、20年前、「環境エネルギー汚職事件」で「東京地検」特捜部の主任検事を務めていた父・辻英介(佐々木蔵之介)のことを思い出す。英介が捏造された証拠と知りながら無理やり起訴に踏み切ったとした弁護士・野木浩一郎(仲村トオル)の活躍により、無罪を勝ち取った東正太郎。そして、身に覚えのない疑惑を掛けられ、命を絶った父——。しかし次の瞬間、奏はテレビ画面に映った男に釘付けになる。正太郎と父で元総理の東忠男(伊武雅刀)の後ろで拍手している男。彼こそ野木真樹(亀梨和也)が容疑者となった「野木邸放火事件」の現場付近で写真に映り込んでいた人物だった。国会議員便覧を調べ、その男が忠生の秘書・秋葉洋二(川島潤哉)だと確認した奏は、入院中の浩一郎の元へ。「環エネ事件」の犠牲になった父・英介、友人・及川カオリ(田中みな実)の事故、真樹の失踪、そして放火事件、すべてが繋がっていると確信した奏は、浩一郎に真実を教えてほしいと懇願する。20年前、「環エネ事件」の公判ですべてを覆し、正太郎を無罪へと導いた弁護士・浩一郎。そんな彼の自宅を放火し、命を狙ったのが秋葉だったという事実を突きつけ、「とても無関係だとは思えない。あなただけが知っていることがあるはず」と切実な思いで問いかける奏に、浩一郎はとうとう重い口を開く。一方、奏から浩一郎と話したことを知らされた真樹は、思いもかけぬ真実を知り!?

マイナビニュース

「最終回」をもっと詳しく

「最終回」のニュース

「最終回」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ