元サッカー日本代表・柳沢敦、美人サポーターと不倫&発覚したそれ以上の衝撃

6月4日(月)21時0分 週刊女性PRIME

14年限りで現役を引退、現在は古巣の鹿島でコーチを務める柳沢

写真を拡大



 夜の街で見つけたその男の顔は、ほんの数時間前に所属チームが敗戦したとは思えないほどに綻んでいた。現役時代のようなジャージ素材のラフな服に身を包んだ男は、渋谷区道玄坂のホテルに消えた。時刻は深夜0時過ぎ。妻と2人の子どもは、今ごろ自宅のベッドの上だろう……。

梨花との交際を経て、モデル妻と結婚



「どうにも女の影がある。妻子ある身ながら、ときおり茨城県からわざわざ東京に出向いて密会している」

 元サッカー日本代表・柳沢敦についてそんな“警告”を耳にしたのは、今年の初め。彼は現在、現役時代に活躍した茨城県鹿嶋市が本拠地の鹿島アントラーズでコーチを務めている。20年来、鹿島を応援する女性は、

「昔から遊んでいたほうだけど、いまでも奥さんの目の届かない地方での試合のタイミングなどに女性と会ってるってウワサをよく聞きますね」

 確かに彼は現役時代、ピッチの上だけでなく、その外でも数多くの“ゴール”を決めてきたことでも知られる。

「よく知られているのが梨花さんとの熱愛。交際していた'99年当時、外出禁止にもかかわらず日本代表の合宿から抜け出して密会していたことが発覚し一時、代表をはずされました」(芸能レポーター)

 梨花との破局後、'02年にモデルの小畑由香里と結婚。'10年に長男、'12年に長女が誕生している。

「柳沢さんは鹿島以外にもイタリア、そして京都や仙台のチームにも在籍していましたが、そのすべてに由香里さんも同行していました。彼女は仕事のあるときだけ上京し、それ以外はプロサッカー選手である夫を支えてきたんです」(サッカーライター)

 鹿島、イタリア、京都、仙台……夢を叶えるチャレンジのときも、クビを宣告されチームを移ったときも、柳沢にとって小畑は、常にそばで支えてくれた糟糠の妻だった。



■アパホテル不倫、再び!?



 5月20日。柳沢がコーチを務める鹿島アントラーズは本拠地であるカシマスタジアムでベガルタ仙台とのデーゲームに臨んだが、惜しくも敗れてしまった。悔しさを抱えているはずの柳沢を追うと、試合から数時間後、彼の姿はラブホテル街としても知られる渋谷区道玄坂にあった。



「道玄坂のダイニングバーで柳沢さんを見かけました。小柄な女性と食事をしていましたね。ふたりきりではなく、もうひとり、柳沢さんの友人らしき大柄な男性も合わせて3人でした。柳沢さんは塊肉のステーキをたくさん食べてましたね」(居合わせた客)

 このとき柳沢と一緒に食事をしていた女性を仮にAさんとする。日付が変わったころ、柳沢とAさん、そして柳沢の友人男性が出てきた。柳沢はずいぶん飲んだのか上機嫌な様子だ。店の向かいにあるのは、不倫での利用が昨年話題となったアパホテル。



 彼女がひとりでホテルへ入っていくと、少し距離をとりながら柳沢が続いた。柳沢はまるで小学生が遊びに行く前のように笑顔ではしゃいでいる。



 彼が自分の車でホテルを後にしたのは、翌朝のことだった。

「Aさんは鹿島のことが大好きでファンの間でも有名な女性。美人ということもありインスタグラムのフォロワーが一般人なのに1300人ほど。よく練習場で選手にプレゼントを渡したり、写真を撮ったりしています」(前出・鹿島ファンの女性)

 柳沢とAさんの逢瀬はこのときだけではない。渋谷の夜は試合の直後だったが、実は試合前にも彼女と会っていたことが……。



■Aさんとの「不倫関係」は長く続いていた





 4月6日、柳沢の姿を追うと鹿島は湘南ベルマーレとの試合を控え、神奈川県のホテルに前泊していた。道玄坂のホテルで柳沢とともに過ごしたAさんは次の日の試合の登録選手、そして柳沢を含めたスタッフが宿泊するホテルに現れていたのだ。

 '06年のワールドカップで柳沢がシュートをはずした際の迷言「急にボールが来たので」は頭文字を取って“QBK”と話題になったが、今回はさしずめ “急に美女が来たので”といったところか!? いや、そんな話ではすまされない。

 柳沢はチームが部屋を取っているため、夜11時ごろホテルに現れた彼女は自分で部屋を取ったが、ともに同じ時間を過ごしていたのだ。翌日の昼、柳沢は試合に向かい、それを見届けるようにAさんもホテルを後にした。





 別々にホテルに入って一夜を過ごし、別々に出ていく。いわゆる“不倫関係”のように思えるが、柳沢とAさんは、いったいどのような仲なのか。6月初旬、練習終わりの柳沢を直撃した。



■柳沢、一問一答に意気消沈





─5月20日の夜、渋谷でAさんという女性とホテルに行きましたよね?

「え〜、たまたまちょっと彼女がファンで知り合って、まぁちょっとご飯食べて」

─ホテルで一緒に泊まっていますよね?

「一緒には泊まってはいないんですけど……一緒にまぁ飲んで、朝帰って……」

─一緒にホテルで過ごした男女の関係に見えたのですが。

「いや……ないです」

─4月にも、試合の前日に宿泊したホテルでAさんと会っていますね?

「そういうまぁ、ちょこちょことお会いして……」

─一緒に泊まられていますよね?

「いや、一緒には泊まっていないです」

─同じ部屋で過ごしていますよね?

「少しお会いしたのは……事実です」

─Aさんがホテルに入ったのは夜の深い時間ですが、そこから同じ部屋で会って飲んだだけで、何もなかった?

「飲むというよりは会話をしたというか……。ホントに鹿島が大好きな方なので。そこで、まぁ……お会いして、サッカーの話を……」

─本当に奥さんにやましいことはないですか?

「はい。これってもう載っちゃうんですよね? どうしようもないんですよね……?」

 大人の男女が酒を飲み、深夜にホテルでサッカー談議とはなかなか苦しい“レッドカード級”な言い訳。大事なところで“決めて”くれるのがエース。多くのファンが彼の未来を期待していたが、決めてほしかったのは、こんな場面じゃなかったはずだ。



■最大の衝撃はここから! チームメイトもAさんと……



 ちなみに、柳沢を追っていた5月中旬のある日、思わぬ場面でAさんに遭遇したことがあった。

 記者が鹿嶋市で取材し、ホテルに宿泊していると、そこに彼女が現れたのだ。まさか記者と同じホテルで逢瀬!? とカメラを構えていると、そこに現れたのは、柳沢と同じ鹿島アントラーズに選手として所属する金森健志。



 約2万円の宿泊費の半額の1万円を手に持ち車でやってくると、Aさんと同じフロアに消えていった。ファンの1人だったはずのこの女性はいったい……。

週刊女性PRIME

「柳沢敦」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「柳沢敦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ