SKE48須田亜香里、総選挙の“珠理奈推し”ムードに涙「気が済むまで泣いた」

6月5日(火)18時58分 AbemaTIMES

 SKE48須田亜香里が6月4日、目前に迫った『第10回AKB48世界選抜総選挙』(AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙)への熱い想いをファンに向けて告白。その中で「一位以外目指しません」と、改めて栄冠の奪取に熱意を見せ、注目を集めている。

SKE48公式ブログよりスクリーンショット


 これは同日、須田が自身の所属するSKE48の公式ブログに投稿した『#須田亜香里 #手掴みしてきたからこそ手放さずに来られたしそこに地盤が固い道がある』という記事のことで、この中で彼女は、「今日は気が済むまで泣いた!」と、自身が全力で泣いてしまったことを告白。


 その理由として、「速報5位を受けて目標としていた1位に届かなかったことや 去年の速報より票数が少ないことで 不安に思っていたこと それから 昨日のゼロポジ生討論で 雰囲気を壊さないために飲み込んでしまっていた想いが 胸につかえたままでいたのですが 今日やっと本音を言える人たちの前に立って 溢れてしまったのです。」と、先日発表された総選挙の速報で、目標である1位になれなかったことや、前年比で得票数が減少したこと、さらには今月2日に放送された『ゼロポジ生討論』(TBSチャンネル1)の中で、“松井珠理奈推し”の空気となったスタジオの中、自身の本音を飲み込んだことなど、このところ抱えていた複雑な思いが入り混じる形での涙であったことを説明。


 そうした上で、「改めて言いますが 私は一位以外目指しません」と、改めてその熱意を口にすることとなった。


 なお、こうした須田の想いに、ネット上のファンからは「頑張ろう。頂上に向かって」「須田さんの1位を見たい!須田さんの想い、伝わってますよ。私も、出来る限りの事をします」「あかりんの本音はしっかり伝わったよ!」「あかりんをてっぺんへ!」「あかりんと自分たちの信頼関係は 最強だからきっと大丈夫!明日からも前向きにいこう!」といった励ましの声が続出。栄冠奪取に向けて闘志を燃やす須田を、より一層力づけることとなった。

AbemaTIMES

「SKE48」をもっと詳しく

「SKE48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ