「ジャニーズ帝国」に崩壊の音が聞こえる裏で“激震”囁かれる「もう一つの帝国」

6月5日(火)9時59分 アサ芸プラス

 このところジャニーズ事務所から大量のスキャンダルが噴出中だ。中でも決定的だったのは、事務所を退所することになった元TOKIO山口達也が書類送検された(起訴猶予処分)女子高生に対する強制キス騒動だろう。

「かつてはSMAPの名マネージャーが各局や出版社に目を光らせてスキャンダル発覚を未然に抑えていたものです。でも、今はそのお目付け役がおらず、ダダ漏れ状態。今後もゴシップが出やすい状態が続くでしょうね」(芸能ライター)

 そんな崩壊の音さえ聞こえてくるジャニーズの状況が話題になって以降、こちらの一大勢力にも激震が襲っていると囁かれているのが、大手芸能プロダクションのオスカープロモーションだ。

米倉涼子上戸彩、菊川怜など錚々たるタレントを擁していますが、実はなかなか彼女たちの後が続いていないようです。武井咲は産休中で7月から女優業を再開するとのみ発表されていますが、まだ復帰作が明らかにはなっていない異例の状況です。忽那汐里も顔を見せるのはもっぱらNHKのドラマであまり目立っていません。剛力彩芽は事務所内の暗黙のルールとされる“25歳からの恋愛解禁”を待ち構えていたかのように、『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長との熱愛が発覚。去年4月に移籍してきた元モーニング娘。の久住小春は、当初のドラマ出演後はオファーが多くはないそうです。グラドルとして一世を風靡した原幹恵は今年1月末で芸能活動を休業。そのグラビア路線を受け継ぐ中村静香はお酒を飲んで酔う姿が可愛いとプチブレークしていますが…」(前出・芸能ライター)

 また、平昌五輪に出場が期待されていた頃に所属したフィギュアスケート・本田真凜が出場を逃している。

 オスカーはこの“難局”にどう乗り切っていくのか。そしてその結果、今後のタレント勢力地図はどう変わっていくのだろうか。

(魚住新司)

アサ芸プラス

「ジャニーズ」をもっと詳しく

「ジャニーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ