欅坂46・菅井友香と守屋茜が抱くサンドウィッチマンへの感謝

6月5日(火)7時0分 NEWSポストセブン

欅坂46が語るサンドウィッチマンの魅力

写真を拡大

 毎年恒例の『日経エンタテインメント!』(日経BP社)のタレントパワーランキングが発表された。明石家さんま(62才)やタモリ(72才)などの超ベテラン揃いだった芸人部門に大きな変化が起こった。サンドウィッチマンが見事1位の座に輝いたのだ。


 最新シングル『ガラスを割れ!』の売り上げがミリオンを突破し、国民的アイドルグループの仲間入りを果たした欅坂46。彼女たちの冠番組『KEYABINGO!』(日本テレビ系)のMCを務めたのがサンドウィッチマン。


 キャプテンの菅井友香(22才)と、同郷で副キャプテンの守屋茜(20才)にふたりの魅力を聞いた。


守屋「欅坂46に入る前から地元(宮城県)のスターであるサンドウィッチマンさんの番組は見ていたので、共演できると知ったときは、驚きと嬉しさで胸いっぱいでした」


菅井「最初は怖かったらどうしよう? って思っていたんですけど、本当にやさしくて、朗らかで、毎回安心して収録に臨むことができました」


守屋「本当にやさしいんです。初めてお会いしたときには、私が宮城出身とご存じで、地元トークで緊張を和ませてくださいました。いつもメンバー一人ひとりのことを気にかけてくださって、全員がテレビに映れるように、番組内で話していない子がいたら話題を振ってくださったりします」


菅井「以前、お仕事が立て込んでいた時期に疲れからメンバーの顔色が曇ってしまったことがありました。そんなときにおふたりは、収録の合間に『大変だよね? みんなで収録を巻いていこう!』って励ましてくださったのが印象に残っています」


守屋「本当に感謝してもしきれません」


菅井「宮城の銘品である『萩の月』と『牛タンラー油』をメンバー全員にプレゼントしてくださったこともありました」


守屋「みんな感動していたね」


菅井「おふたりがスゴく仲よしなのも素敵! 掛け合いがとってもおもしろくて、コンビネーションも抜群。見た目と中身のギャップも魅力的でメンバー一同大好きです」


守屋「私はいつかサンドウィッチマンさんと宮城でお仕事してみたいな!」


菅井・守屋「これからも欅坂46をよろしくお願いします」


※女性セブン2018年6月14日号

NEWSポストセブン

「欅坂46」をもっと詳しく

「欅坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ