高橋一生「とんでもない空間だった」エレカシ宮本とのレコーディング秘話

6月5日(水)20時0分 TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。6月5日(水)の放送には、俳優の高橋一生さんが登場しました。



現在放送中の土曜ナイトドラマ「東京独身男子」(テレビ朝日系)では、あえて結婚しない独身アラフォー男性を演じている一生さん。つい先日、撮影を全て終えたそうですが、現場の雰囲気はとてもよく、撮影もとにかく楽しかったそうです。

歌手デビュー作となる主題歌で、エレファントカシマシ(以下、エレカシ)のボーカル・宮本浩次さんが初めてプロデュースした「きみに会いたい-Dance with you-」が、6月5日(水)にリリースされました。

小さな頃から音楽が好きだったという一生さん。小学生の頃にはTHE BLUE HEARTSやTHE HIGH-LOWSなどを聴き、中学1年生の頃にエレカシと出会い、以降ずっと聴き続けているとか。「(ボーカル宮本浩次さんの)独特な歌声がとにかく衝撃的でしたね」と出会いを振り返ります。

もともとドラマ主題歌を担当する話があり、一生さんの頭には宮本さんの顔が浮かんだそうです。そして、あれよあれよと話が進み、宮本さんに楽曲をお願いすることになったとか。

宮本さんは第一話の台本を読み、その世界観に合わせて楽曲を制作。デモ音源には宮本さんの仮歌が入っていて、最初に聴いたときには、とにかく感激したそうです。

さらに、その楽曲が従来のエレカシとは違ったテイストだったそうで「とんでもないボールがきましたけど、それも含めて嬉しくて。どんな球でも全力で打たなければ」と思ったそうです。そして、学生時代からの憧れの存在である宮本さんとの共演に「今もフワフワしていて、夢のよう」と言います。

レコーディング前にデモ音源をもらいましたが、ドラマの撮影が忙しい上に自宅では大きな声を出すことができず、なかなか練習する機会がなかったとか。レコーディングのときは、宮本さんが常にブースに入って付き添ってくれたそうで「あのときは夢中だったので緊張もなかったけど、よくよく考えると、とんでもない空間ですよね」と笑います。

完成した「きみに会いたい-Dance with you-」には、宮本さんもコーラスとして参加。最初にできあがったテイクを聴いたときには、鳥肌がたったとか。たかみなは「いつか2人がステージで歌うのが見たい」と言うと、一生さんは「(宮本)浩次さんさえよければぜひ」と願望を口にしていました。

ちなみに、たかみなが「色気と熱量がすごくステキでした!」と絶賛したミュージックビデオの構成案は、一生さんが出したものだそうです。

最後に「一生さんにとって音楽とは何か」と聞くと「呼吸ですかね」とのこと。「(音楽が)ないと生きていけないと思います。大好きなので」と熱い音楽愛を語っていました。


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年6月13日(木) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

TOKYO FM+

「高橋一生」をもっと詳しく

「高橋一生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ