松本まりか、サレ妻のリベンジを描くドラマ『夫の家庭を壊すまで』で主演! 夫役は竹財輝之助

2024年6月6日(木)7時0分 クランクイン!

松本まりか主演、竹財輝之助が夫役を演じるドラマ『夫の家庭を壊すまで』(テレビ東京系/毎週月曜23時6分)が、7月8日から放送スタートする。

 原作は、LINEマンガにて配信と同時に総合ランキング1位を獲得した同名フルカラー電子漫画。物語序盤から衝撃的な展開、泥沼すぎる復讐漫画を連続ドラマ化する。

 夫がもう1つの家庭を持っていた。夫は15年にも渡り不倫をしていたのだ。学生からの純愛を貫き結婚、子供にも恵まれ幸せな家族だと思っていた…。離婚だけでは絶対に許せない。夫と不倫女への復讐を決意するサレ妻。復讐計画として、不倫女の息子を利用することに。そして長年に渡る不倫計画がじわじわと暴かれ始める。愛と裏切りの四角関係、それぞれの未来に待つ新たな人生とは?

 主演を務めるのは、今回がテレ東連ドラ初主演、迫真の演技で視聴者の心を魅了し続ける松本まりか。現在放送中のドラマ『ミス・ターゲット』(ABCテレビ・テレビ朝日系)では、婚活中の結婚詐欺師という主人公を演じており、2期続けて連続ドラマの主演を務める。

 そんな松本が演じるのは、純愛だと信じていた夫に15年も裏切られていたサレ妻・如月みのり。復讐を決意し、不倫相手の家族を追い込んでいくみのりをスタイリッシュかつ痛快に演じる。

 主演の松本は「一点の曇りなく純粋さを守り抜いた主人公から一気に憎悪が生まれる。監督とプロデューサーの皆さまから、復讐を仕掛けていく様は、悪女になりきり振り切ってください。エンタメとしても面白くしたいと。そんなに簡単に言わないで? と思いましたが、おっしゃる通りです。気合いです!(笑)」とコメントを寄せる。

 さらに、共演者キャストも一挙解禁された。みのりとの間に5歳の息子がおり、一見幸せな家庭を築けているようにみせているが、学生の頃から好きだった理子と15年にも渡り不倫を続けているみのりの夫・如月勇大役には、現在放送中のドラマ『街並み照らすヤツら』(日本テレビ系)や『白暮のクロニクル』(WOWOW)、『トリリオンゲーム』(TBS系)などに出演し、多彩なジャンルでその才能を発揮する俳優・竹財輝之助。

 勇大とは高校の同級生であり長年に渡って不倫関係を続け、いつか勇大がみのりと別れて結婚してくれると信じているシングルマザー・三宅理子役には、ドラマ『おいハンサム!!』(東海テレビ・フジテレビ系)、舞台『「GOOD」‐善き人‐』など、話題の映画・ドラマ・舞台に多数出演し、演技力が高く評価されている野波麻帆。

 理子の息子で父親のように勇大と接しているが実の父親を知らず、塾の先生として出会ったみのりに好意を寄せていく高校生・三宅渉役には、ドラマ『SHUT UP』(テレビ東京系)に出演、現在配信中のドラマ『パーフェクトプロポーズ』(フジテレビ系)では主演を務めるなどブレイク必至の新鋭・野村康太。

 “夫がもう1つの家庭を持っていた”という衝撃の展開から幕を上げる本作。痛快な復讐劇、裏で動く大きな陰謀、そして主人公の出生の秘密とは? 復讐の果てにみのりは何を得るのか? さらにドラマは復讐劇だけでは終わらず、その後の展開も。物語終盤に向けて描かれる、登場人物たちの新たな人生のスタートも見逃せない。

 ドラマプレミア23『夫の家庭を壊すまで』は、テレビ東京系にて7月8日より毎週月曜23時6分放送。

※キャスト、原作者のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■松本まりか/如月みのり役

 衝撃的なタイトルです。しかし多くの方に読まれている原作です。なぜ人は不倫ものを求めるのか。不倫を題材にしたドラマが数多ある中で、私はこの作品に触れ、タイトルからは想像できないような純粋さと正義に心打たれました。この作品は届ける意味がある。

 一点の曇りなく純粋さを守り抜いた主人公から一気に憎悪が生まれる。監督とプロデューサーの皆さまから、復讐を仕掛けていく様は、悪女になりきり振り切ってください。エンタメとしても面白くしたいと。そんなに簡単に言わないで? と思いましたが、おっしゃる通りです。気合いです!(笑)

 黒い心を持ちながら、この夏私は過ごすことになるでしょう。苦しいなと思います。耐えられるかなとも思います。でもこの感情に実際に苛まれてる方は私の想像を超えていると思います。その心に少しでも寄り添い、思いを馳せ、この作品がやり場のない感情への希望の光になると信じて。物語後半、この主人公にはとても清らかな希望があります。苦しみを乗り越えた先に一緒にその煌(きら)めきを体験しましょう!

■竹財輝之助/如月勇大役

 如月勇大という二重生活をしている夫を演じさせていただきます。スゴい役のお話をいただき光栄です。自分のメンタルが大変なことになりそうだと不安ですが、役者としては共演者の方々とどんなやり取りが出来るのかワクワクしてるのが正直なところです。原作のテンポの良さ、引きの面白さを表現出来ればと思っています。スタッフ、共演者と共にこの世界観に没入していただけるように頑張ります。僕のメンタルが壊れるのが先か(笑)、僕のもうひとつの家庭が壊れるのが先か。復讐劇が大好きなそこのあなた。期待していてくださいませ。

■野波麻帆/三宅理子役

 『夫の家庭を壊すまで』…最初に聞いた瞬間、ただ事ではなさそうなタイトルに、自分の心の中にまで暗雲が急に垂れ込めてきたように感じました。自分に正直に生きることは時として悪となり得る。わかってはいましたが改めて突きつけられ、そしてこの葛藤にここから先の約2ヵ月間、わたしの気持ちはぐらぐらと揺さぶられ続けるのだと思います。奥さんがいる人を好きになり不倫を続けていた理子という役を演じますが、見てくださる皆さんが果たして彼女をどう捉えて下さるのか…。スタッフの皆さん共演者の方々も初めましての方ばかりですが、良い現場の空気を皆で吸い込み沢山の化学変化が起こることをとても楽しみにしています!

■野村康太/三宅渉役

 三宅渉役を務めさせていただきます野村康太です。原作を読ませていただき、予想外のストーリー展開やスカッとするようなシーンもあり、続きがすごく気になる作品で、今も最新話を楽しみに待っています! そして、三宅渉のまっすぐさとピュアで優しい人柄にとても心惹かれました。そんな三宅渉という役をこれから演じられること、ドラマ『夫の家庭を壊すまで』という作品に携われること、とても楽しみです! 皆様にまっすぐで心優しい三宅渉をお届けしたいと思っていますので、ぜひご覧ください!

■原作者・赤石真菜

 自分の連載作品がまさか実写化されるなんて、本当に夢のようなお話で実感が湧きませんでした。このような機会を与えてくださった全ての関係者、読者の皆様に心より感謝申し上げます。サレ妻・みのりがどのような方法で“夫の家庭”を壊していくのか…。素晴らしいキャスト・スタッフの皆様によって新たな命が吹き込まれるドラマを、一視聴者としてとても楽しみにしております! 1人でも多くの方々に、毎週月曜日を待ち遠しく感じていただけたら幸いです。

■番組プロデューサー 祖父江里奈(テレビ東京 配信ビジネス局ドラマ室)

 エンタメ業界で不倫・復讐モノの勢いが止まりません! でもそれは今に始まったことではないはず。「不倫は絶対にダメ」と散々言われているのに、不倫を扱ったコンテンツは昔から次から次へと作られていきます。今日もSNSでは「サレ」「シタ」といったワードが並び、その周辺のコメントの熱量に驚かされます。「不倫」というトピックのまわりには多くの人を惹きつけてやまない人間ドラマがあふれているからでしょう。

 本作の主人公・みのりも夫の不倫に狂わされ、激動の人生に身を置くことになりました。超ハイスピードで展開するハラハラドキドキのドラマ。「これがフィクションで良かった…」。そう思える衝撃のストーリーをお楽しみください。

クランクイン!

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

「ドラマ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ