永瀬正敏、浅野忠信、佐藤浩市ら共演! 映画『箱男』8.23公開へ 予告編解禁

2024年6月6日(木)8時0分 クランクイン!

永瀬正敏が主演し、浅野忠信佐藤浩市らが共演する石井岳龍監督作『箱男』の公開日が、8月23日に決定。予告編、ポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、安部公房の同名小説を石井岳龍監督の手によって映像化。原作は安部が1973年に発表した小説であり、代表作の1つ。人間が自己の存在証明を放棄した先にあるものとは何かをテーマとし、その幻惑的な手法と難解な内容のため映像化が困難と言われていた。幾度かヨーロッパやハリウッドの著名な映画監督が映画化を試みたが、許諾が下りず、企画が立ち上がっては消えるなどを繰り返していた。

 そんな中、最終的に安部本人から直接映画化を託された石井。本作の映像化をどうしてもやりたいと構想していたという彼は、安部からの「娯楽にしてくれ」というリクエストのもと、1997年に製作が決定。石井は万全の準備を期し、ドイツ・ハンブルグで撮影を行うべく現地へ。ところが不運にもクランクイン前日に撮影が突如頓挫、撮影クルーやキャストは失意のまま帰国することとなり、幻の企画となった。

 それから27年。くしくも安部公房生誕100年にあたる2024年、映画化を諦めなかった石井はついに『箱男』を実現させた。主演には27年前と同じ永瀬正敏、同じく永瀬と共に出演予定だった佐藤浩市の出演が決定。さらに、世界的に活躍する浅野忠信、数百人のオーディションで抜てきされた白本彩奈ら実力派俳優が集結。

 今年2月に開催された第74回ベルリン国際映画祭にてワールド・プレミアを開催。レッドカーペットや公式上映に登壇し、“今年一番クレイジーな映画”と評された。

 予告編は、箱男が一体どのようなキャラクターなのか垣間見ることができる内容。永瀬演じる「わたし」が箱という鎧をまとい、完全な孤立、完全な匿名性を手に入れて一方的に世界を覗き見、「箱男」になったと豪語する。だがそこへ箱男という存在を乗っ取ろうとするニセ医者(浅野)や軍医(佐藤)、そして謎の女(白本)までもが現れ、箱男を消し去ろうとする。ついに今、「本物」をめぐる戦いが始まる。

 ポスタービジュアルは、街中で箱の中に身を隠してひっそりと存在していた箱男が立ち上がり、こちらを凝視している姿を捉えたもの。

 なお本作は今後も、7月10日(現地時間)よりニューヨークで開催される“北米最大の日本映画祭”ジャパン・カッツへの出品が決定。さらに今回は映画祭側の強い希望により、石井監督作品『水の中の八月』(1995)も特別に上映されることが決まり、石井は『箱男』『水の中の八月』の両上映日に登壇する。

 映画『箱男』は、8月23日より全国公開。

クランクイン!

「永瀬正敏」をもっと詳しく

「永瀬正敏」のニュース

「永瀬正敏」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ