天海祐希、実写映画「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」主演に! ティザービジュアル&映像解禁、12.13公開決定

2024年6月6日(木)5時0分 クランクイン!

天海祐希が、同名児童小説を原作とした実写映画「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」(12月13日公開)の主演に決定。ティザービジュアル、ティザー映像が到着した。

 「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズは、廣嶋玲子・作、jyajya・絵(偕成社刊)による児童小説。老若男女、幸運な人だけが辿り着ける、不思議な駄菓子屋“銭天堂”を舞台に、願いが叶う「ふしぎ駄菓子」を買った人々の顛末が描かれる。

 2013年に小説刊行がはじまると、子供たちのあいだで瞬く間に人気を博し、現在も継続刊行中。今年4月からはシリーズ新章もスタート。2020年からはテレビアニメ化・アニメ映画化、2022年には第3回「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」第1位を獲得。2023年には舞台化、任天堂Switchでのゲームソフト化、さらには2022年から継続中の西武園ゆうえんちとコラボ。その勢いは世界へも広がり、アジア諸国を皮切りに翻訳出版され、累計発行部数850万部を突破している。

 本作のメガホンをとるのは、中田秀夫監督(映画『リング』、『スマホを落としただけなのに』、『事故物件 恐い間取り』)、脚本を吉田玲子(アニメ映画『若おかみは小学生!』、『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』、『きみの色』)の吉田玲子が務める。

 幸運なお客様しか訪れることができない“銭天堂”に売られているのは、どんな願いでもかなえることのできる「ふしぎ駄菓子」たち。老若男女、誰しもが「もし、こんな駄菓子があったなら…」と夢見る駄菓子が並ぶ。そんな銭天堂で店主を務めるのは、色とりどりのガラス玉のかんざしで結いあげた真っ白い髪に、真っ赤な口紅と古銭柄の赤紫色の着物を着た、年齢不詳の怪しい女。彼女は、福引用の抽選器をまわして出た硬貨1枚と引き換えに、悩みを持つお客様が望むお菓子を売っている…。

 天海が演じるのは駄菓子屋の店主・紅子。スタイリッシュな天海と真逆に見える紅子になるには、特殊メイクに3時間以上必要なのだとか。演じるにあたり、「紅子役をオファー頂いた時、『私で良いのだろうか』と、少々驚きましたが…とてもワクワクしてしまいました。本当に素敵な世界観で、学ぶべきこともたくさん詰まっている作品になっていますので、お子さんは勿論の事、大人の方にも楽しんで頂けると思っています」とコメント。

 中田は、人の欲は膨らみ始めると収拾がつかなくなると語り、「天海さんが演じる紅子は、そんな欲望を持ってしまった人間たちを『人生のレフリー役』として、優しくもキリリとした視線で見つめます。天海祐希にしか演じられない、唯一無二の紅子に乞うご期待です!」とアピール。

 解禁されたビジュアルには、店で飼い猫である墨丸を抱いて立つ紅子が微笑む姿が。映像では、「銭天堂」へ続く路地へ迷い込んだ1人の男の子の姿や、子供たちの素朴だけど切実な願いに合ったとっておきの「ふしぎ駄菓子」が登場する。最後には「幸せになるか、不幸になるかはお客様次第…!?」と意味ありげににっこり微笑む紅子が初お目見え。2023年12月に行われた東宝ラインナップ発表会以来ベールに包まれていた本作の全ぼうが、徐々に明らかとなってきた。

 映画「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」は、12月13日より全国公開。

 ※コメント全文は以下の通り

<コメント全文>

■天海祐希(紅子役)

紅子役をやらさせて頂きます、天海祐希です。紅子役をオファー頂いた時、「私で良いのだろうか」と、少々驚きましたが…とてもワクワクしてしまいました。原作は世界で人気があり、アニメーションにもなっている作品ですので、ファンの皆様の紅子像を壊さない様、演じる事を心掛けました。

今回、撮影の度に特殊メイクや準備などに3時間近くかけ、紅子になっていったのですが、とても楽しかった! 中田監督の情熱やバイタリティに引っ張って頂き、とても熱のある素敵な現場でした。中田監督といつかご一緒させて頂けたらと願っていたので、凄く嬉しかったです。

本当に素敵な世界観で、学ぶべきこともたくさん詰まっている作品になっていますので、お子さんは勿論の事、大人の方にも楽しんで頂けると思っています。ぜひ、楽しみにして頂きたいです。


■中田秀夫(監督)

「銭天堂を映画化したらぜひ見たい!」と私自身の家族からの熱望が本作の契機でした。子供たちだって、誰にも言えない願いを心に秘めています。それが人を出し抜いたり、身近な誰かを不幸にさせるものであっても、人の欲は一旦膨らみ始めると収拾がつかなくなりもします。

天海さんが演じる紅子は、そんな欲望を持ってしまった人間たちを「人生のレフリー役」として、優しくもキリリとした視線で見つめます。天海祐希にしか演じられない、唯一無二の紅子に乞うご期待です!

■廣嶋玲子(原作者/作)

2024年1月、幸運にも映画の撮影現場を見学することができました。多くの人達が1つのものを作りあげようとする独特の気迫、圧巻のセットに、ただただ感動しました。なにより、天海さんの紅子に圧倒されました。妖艶で、ミステリアスな雰囲気をまとった紅子そのもの。その演技に引きこまれ、ゾクゾクしました。

いったい、どのような映画になるか、本当に完成が待ち遠しいです。そして、映画に携わった方々全員に、心から感謝いたします。

■jyajya(原作者/絵)

実写化のお話をいただき、とてもうれしかったです。撮影現場にお邪魔する機会があり、そこには本から飛び出たような銭天堂の世界が広がっていました。店内にならぶ沢山の駄菓子に目を奪われ、天海さんが演じる紅子さんからは、本の中の紅子さんが放つような堂々たるオーラを感じました。完成を楽しみにしています!

クランクイン!

「駄菓子」をもっと詳しく

「駄菓子」のニュース

「駄菓子」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ