山崎賢人、ニューヨーク・アジアン映画祭で日本人初のThe Best from the East Award受賞!

2024年6月6日(木)18時0分 クランクイン!

7月12日〜28日にニューヨークのリンカーン・センターにて開催される「ニューヨーク・アジアン映画祭」に、映画『キングダム』シリーズ最新作『キングダム 大将軍の帰還』の出品が決定。さらに、映画祭開催に先駆け、主演の山崎賢人が日本人初の「The Best from the East Award」を受賞したことが発表された。

 2002年に創設されたニューヨーク・アジアン映画祭(New York Asian Film Festival/略称:NYAFF)は、今年23回目を迎える北米でもっとも由緒あるアジア系映画祭。今年も韓国・中国・タイ・フィリピンなどアジアからの約60ヵ国以上にものぼる国々から作品が出品されている。

 その中でも、素晴らしい演技を披露した俳優に与えられる賞「The Best from the East Award」が、本映画祭の開催に先駆けて発表となり、映画『キングダム』シリーズをけん引してきた山崎賢人が選ばれ、日本人初の受賞を果たした。

 受賞理由についてニューヨーク・アジアン映画祭ディレクターのサミュエル・ジャミエ氏は「多くの映画やドラマを通じて日本だけでなくアジア全体、そして世界中に数多くのファンを持っていて愛されています。特に『キングダム 大将軍の帰還』は、これまでのシリーズ3作で大ヒットを続け、多くの優れた俳優たちの演技が胸躍る興奮と感動を提供しています。山崎さんは、このシリーズの主役として魅力的な熱演と感動的な演技を披露し、爽快なアクションシーンでも見事なパフォーマンスを見せてくれました」とコメントしている。

 日本人初の栄誉なる賞を受賞した山崎は「今回このような賞をいただけること大変光栄に思います。キングダムという作品は自分にとって特別な作品の一つです。信とともに成長してきたと言っても過言ではありません。この賞をいただくことができたのは、多くの人の支えがあってだと思っています。キングダムチームを代表して頂きたいと思います! この様な評価をしていただいてさらに多くの人に作品が届くことは大変嬉しいです」と歓喜の様子で語り、7月に開催される映画祭への登壇に胸を弾ませた。

 そして「これからも俳優としても人としても大きくなっていきたいと思います。ありがとうございます」と言葉を寄せた。

 なお、今年のNYAFFには、山崎とシリーズを重ねて共に歩んできた松橋プロデューサーが登壇予定。

 映画『キングダム 大将軍の帰還』は、7月12日公開。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

クランクイン!

「映画」をもっと詳しく

「映画」のニュース

「映画」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ