加藤茶 背後に写る妻の姿が話題…出会いから10年も続く献身

6月6日(木)22時13分 女性自身

加藤茶(76)・仲本工事(77)・高木ブー(86)による「こぶ茶バンド」の全国公演が5月下旬から始まった。そんななか、加藤茶の楽屋での“ある写真”がファンの間で話題となっている。それは加藤の背後にある鏡に妻・綾菜(31)も写りこんだ“ツーショット写真”だ。



6月3日に公演を鑑賞した綾菜は、楽屋での加藤の様子を翌日にインスタへ投稿。さらに加藤も同じ写真を同日にブログへ投稿したところ、ファンから《なかよしですね》《ステキなご夫婦》《仲睦まじいなあ》と称賛する声が寄せられたのだ。



加藤は年明けからタイトなスケジュールが続いている。1月は川谷絵音(30)らとともにプロジェクトバンド「originals」を結成し、ドラムを担当。数十年ぶりに本格的なドラム練習に励んだという。さらに3月と5月は舞台「水森かおり特別公演」にもレギュラー出演。そして「こぶ茶バンド」は2014年以来のツアーだ。



そんな仕事に励む夫を、綾菜は加藤をサポートしてきた。舞台には加藤とマネジャーの分まで手作り弁当を用意。また加藤の誕生日である3月1日には、インスタで《76歳は舞台やコンサートがあるので元気で皆様の前にたてるようにサポートしていきます》と宣言。その言葉どおり、献身的に夫を支え続けている。



45歳差のため、結婚当初は非難も受けた綾菜。だが夫妻が出会ってから今年で10年。今も変わらず夫を支え続ける姿に《10年長いようであっという間ですね》《最高の御夫婦です》《お2人の事応援しています》など応援する声が続々とあがっている。

女性自身

「加藤茶」をもっと詳しく

「加藤茶」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ