八代みなせ、約10年ぶりにDVDを発売「30代の魅力を見てもらえたら!」

6月6日(木)22時0分 マイナビニュース

女優の八代みなせがこのほど、東京・秋葉原の書泉ブックタワーで最新イメージDVD『Lisianthus』(発売中 4,104円税込 発売元:ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを行った。

2006年からグラドルとして活躍し、2007年には三洋物産のイメージガール「3代目ミスマリンちゃん」に選ばれて大きな話題を集めた八代みなせ。2007年には映画『片腕マシンガール』で主演を果たしてからは、ドラマや映画、舞台に出演するなど女優として活躍している。そんな彼女が、約10年ぶりにDVDをリリース。34歳(撮影当時は33歳)になった八代が随所で大人のフェロモンをたっぷりと放出するなど、20代の頃とは一味違った一面が収録されている。

爽やかなワンピース姿で報道陣の取材に応じた八代は「男性と一緒に旅行をするという設定になっています。一番印象に残っているのは競泳水着で泳ぐシーンですね。私は元々水泳のインストラクターをやっていたので泳ぎには自信があったんですけど、泳ぎは久々で体力のなさにガッカリしました(笑)」と苦笑い。全体的には「20代の頃のグラビアと違って、しっとりと大人っぽいグラビアで、30代の魅力を見てもらえたらと思います」とアピール。特にバスルームでのシーンはタオル一枚で身体を隠すというヌーディーなシーンにもチャレンジしたそうで、「バスタオルを広げて背中を披露しました。今までにないシーンなので、ドキっとしてもらえたらと思います」とかつてないセクシーなシーンだといい、「年齢を重ねたこともありますが、今回は思いっきりできました」と10年のブランクはなかったという。

約10年ぶりにDVDをリリースしたことについて「ご縁があって昨年、今の事務所に所属することになりました。それから半年が経ち、ファンの皆様に向けて何か出来たらいいなと思い、タイミング良くDVDを出しませんかというお話をいただけたのでリリースすることになりました」と説明。今後の活動は「グラビアというよりもお芝居に力を入れていきたいと思います」とこれまで通りのスタンスだというが、「皆様が応援していただいて『見たい!』というお声があればやりたいと思います」とグラビアにも前向きだった。

マイナビニュース

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ