葵、自首した井出が自分に執着する理由分からず…『約束』第9話「反転」

2024年6月6日(木)6時0分 マイナビニュース

中村アンが主演を務める読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『約束〜16年目の真実〜』(6日は24:19〜)第9話「反転」が6日に放送される。
○■『約束〜16年目の真実〜』第9話「反転」
今作は、連続殺人犯となった父の無実を信じて刑事となった主人公が、16年ぶりに故郷に戻ってきた途端、ある失踪事件が起きるところから始まるオリジナルの心理サスペンスドラマ。第7話「懺悔」、第8話「犠牲」が2週連続でTVer総合・ドラマランキング2位にランクイン。4週連続トップ3にランクインしている。
先週放送された第8話「犠牲」では、香坂が追っていた元バディの死の真相が明らかとなり、さらに同級生である井出(森優作)が連続殺人犯だと警察に自首。今夜放送される第9話「反転」では、ついに井出の取り調べが始まる。葵は、井出と高校時代の同級生ではあるものの、彼との接点や、自分に執着する理由がわからない。取り調べで語られる真実とは、そして“悪魔”の正体とは。ひとつずつ真実が明らかとなり、いよいよ物語は事件の核心へ。
【編集部MEMO】第9話あらすじ
葵(中村アン)は、自首してきた連続殺人犯・井出(森優作)が営む雑貨屋を捜索。そこには、井出の犯行を裏付ける証拠がそろっていた。取調べにおいても、井出はすべての犯行を認める。葵は井出と高校時代の同級生ではあるものの、彼との接点が思い当たらない。連続殺人犯の動機は葵への執着だと考えられていたが、葵に執着する理由がわからない。葵は井出の取調べを行い、自分への執着の理由を尋ねる。

マイナビニュース

「自首」をもっと詳しく

「自首」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ