『Re:リベンジ』ラストの衝撃展開にネット騒然「うそだろー!!」(ネタバレあり)

2024年6月7日(金)6時0分 クランクイン!

赤楚衛二が主演し、錦戸亮芳根京子が共演するドラマ『Re:リベンジ‐欲望の果てに‐』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第9話が6日に放送され、ラストで衝撃的な展開を迎えると、ネット上には「うそだろー!!」「いったい誰が!?」といった反響が巻き起こった。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

 天堂記念病院の理事長・天堂海斗(赤楚)は、恋人だった朝比奈陽月(芳根)の妹・美咲(白山乃愛)の手術における医療ミス疑惑を隠蔽したことについて、医師・大友郁弥(錦戸)から追及される。一方、手術に立ち会っていた医師・若林雄介(橋本淳)は、このままでいいのかと葛藤していた。

 海斗は若林を厚遇して懐柔を試みる。そんな中、郁弥は海斗に思いを寄せる週刊誌記者・木下紗耶(見上愛)に接近。郁弥は紗耶に医療ミスの情報を提供する。さらに海斗が紗耶の好意を利用して医療ミス疑惑を隠蔽しようとしたことも暴き立てる。

 紗耶は海斗の目の前で、医療ミス疑惑を記事にすると宣言する。そして彼女は若林に連絡をして取材を依頼。戸惑う若林に紗耶は「本日20時に日の出第3ビルの屋上でお待ちしております」と告げる。良心と保身の間で揺れる若林は、海斗に取材依頼があったと報告。さらに待ち合わせに指定された場所と時間を伝えると、海斗は「この件は私が預かります」と答えるのだった。

 ラストシーンでは、ビルの屋上で待つ紗耶に何者かが接近する。振り返った彼女が驚きの表情を見せると画面は一転。そして頭から血を流して道路に横たわる紗耶の姿が映し出されて、第9話は静かに幕を下ろした。

 急展開のラストシーンに視聴者は騒然。ネット上には「うそだろー!!!!!木下ちゃん大丈夫なんか」「衝撃の展開すぎて…」「いったい誰が!?こんなのヤダよぉー」などの声や「突き落とした犯人は海斗くんなのか?」「若松先生がやった可能性も消しきれない」といったコメントが相次いでいた。

クランクイン!

「衝撃」をもっと詳しく

「衝撃」のニュース

「衝撃」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ